【第50回】「太る」と「太い」の違い

日本語コラム

 日本語コラムも第50回目になりました。今回は「太る」と「太い」の違いについて。
 ダイエットなどの話になると使われる頻度が高いこの単語ですが、実は中国人が比較的間違えやすい言葉です。

 ついこの間も学生が「食べ過ぎた、太くなった」とツイートしてるのを見ました。
 これは変な日本語に聞こえます。

 

太る(ふとる)

 体に肉や脂肪が厚くつくことを表す動詞です。
 「体」と言ってますので対象は人や動物だけです。物には脂肪等つきませんから使うことができません。

  (1) 食べ過ぎは太る原因になるので、気を付けてください。
  (2) カロリーゼロは人工甘味料の影響で太りやすいらしい。
  (3) 猫ちゃんが太ってきた。
  (4)✕この木はすごく太っている。

 (4)は人や動物ではないので間違いです。
 ちなみに太るには明確な基準はないので、それが太っているかどうかは個人の主観によって判断されます。

 

太い(ふとい)

 長さのわりには周りの長さや幅が大きいことを表すい形容詞です。
 こちらは人にも物にも使うことができます。

  (5) 足が太いと見苦しくみえる。
  (6) 私のほうが腕太いはずなのに腕相撲で負けた。
  (7) 眉毛が太い。
  (8) この木はすごく太い。

 「太い」とは脂肪があって大きい以外にも、筋肉量が多かったり、何かしらの病気等で大きい等の場合も含まれます。
 ですから脂肪が多いことを指しているとは限りません

 

「太る」と「太い」の違い

 「太る」は、人や動物の体全体が脂肪で大きくなっていること
 「太い」は、体全体を除き、単純に周囲が長くて幅が大きいこと

 まず、体全体を指すときは「太る」です。

  (10) 最近食べ過ぎて太ってきた。
  (11) エサをもらって太り始めた猫。

 したがって記事冒頭の「食べ過ぎた、太くなった」は間違い。
 自分の体全体の事を指すなら動詞の「太る」を使うべきです。

  (12)✕食べ過ぎて太くなった。
  (13) 食べ過ぎて太った。

 体全体ではなく、腕や足、指など体の一部分を指す場合「太る」はダメ。
 この時は普通「太い」を使います。

  (14)✕脚が太った。
  (15) 脚が太くなった。
  (16)✕上腕二頭筋が太ってきた。
  (17) 上腕二頭筋が太くなった。

 同様に、物に対しては動詞「太る」を使うことはできません。
 必ず「太い」を使います。

  (18)✕太ったキュウリ
  (19) 太いキュウリ
  (20)✕太った丸太
  (21) 太い丸太

 

その他

 混乱を避けるためにあまり言いたくないのですが、体全体を指していても単純な太さの比較をするなら「太い」が使えます。

  (22) あの木よりお前の方が太いぞ。

 書いててすごく複雑になっちゃいました。
 お分かりいただけましたか。正直私も混乱してます…。

 

日本語コラム

Posted by そうじ