【第5課】学生と社会人の違い

2年生後期会話

 第5回目のテーマは「学生と社会人の違い」です。

 4月になって日本では新生活が始まる季節になりました。
 まずはそのあたりの話題から入って大学入学した頃の心境、新生活の緊張感などについて共有します。
 私の就職の事を話したりして掴みとしました。

 まずはこのテーマについて一人ひとり考えてもらいます。
 5分くらい時間を与えました。

 まずは一人ひとりの意見発表。
  ・社会人のほうが責任がある。
  ・学生のほうが自由。
  ・学生はお金がなくて無力。
  ・社会人は自分で仕事をしてお金を稼ぐことができる。
  ・お互いに物の見方、考え方が異なる。
  ・社会人は経験豊富。
  ・大人はいろいろな面でずるい。学生はそういう部分があまりない。
  ・学生は親に頼らないと何もできない。
  ・学生は親にコントロールされる立場。
  ・社会人は忙しく、暇な時間が少ない。

 ここからグループで一つの意見にまとめてもらいます。
 休み時間もかねて考える時間を20分与えました。

 各グループの回答です。

 親に頼るか頼らないかの違い
  学生は金銭面でも精神面でも全て親に頼り切っている。
  親がいなければ何もできないといってもいいし、親によるアドバイスがなければ常に間違った判断をしてしまうかもしれない。
  社会人は自分でお金を稼いで生活することができる。
  家にお金を入れたり、家族にプレゼントを買ったりできる。

 暇な時間があるかないかの違い
  社会人は仕事で忙しく、暇な時間があまりない。
  学生は暇な時間が多いので良い睡眠をとれるし、ストレスも少ない。

  これには反論が多かったです。
  ・学生はストレスが少ないというが、私たちは本当にストレスが少ないですか?
  ・ストレスがない生活は意味がないのでは?

 

 前回授業態度が悪いことに注意したおかげか今回のディスカッションはかなり盛り上がり、そのせいで他の意見メモするの忘れてしまいました。

 回答に対する更なる質問。これができてくると間が持つようになります。
 でもまだ3人くらいしかできないので、この雰囲気が浸透するまでには時間がかかりそうですね。

 以上、第5回目でした。

2年生後期会話

Posted by そうじ