【N1文法】~嫌いがある/きらいがある

説明

接続

 名詞+のきらいがある
 動詞普通形+きらいがある
 

意味

 有…的倾向
 有点…
 总爱…
 

解説

 良くない傾向があることを表します。ほとんどの場合、人の性格や内面的な特徴について述べるときに使います。似ている文型「【N3文法】~がち」とは異なり、その回数が多いことには使えません。
 

例文

 (1) 彼は物事を独断で考えるきらいがある
     (他思考事物有独断的倾向。)
 (2) 現実を甘く見るきらいがある
     (我有轻视现实的倾向。)
 (3) 今の子供は野菜をあまり食べないきらいがある
     (现在的孩子有不太吃蔬菜的倾向。)
 (4) 苦労知らずな人ほど、他人を見下すきらいがある
     (越是不知辛苦的人,越容易轻视他人。)
 (5) 小さいことからでも深く考えすぎるきらいがある
     (即使是很小的事,也容易胡思乱想。)
 (6) 彼は人の言うことを何でも信じてしまうきらいがある
     (他总是容易轻信别人说的话。)
 (7) 君は何でも頑張りすぎるきらいがあるから、そんな時は周りの人に頼ったらいい。
     (你做什么都太拼了,这种时候可以依拜托周围的人。)
 (8) 自己評価が低すぎるきらいがあるが、それが彼の謙虚さに繋がっている。
     (他总是对自己评价过低,这与他的谦虚有关。)
 (9) Aさんは他人の言葉に過剰に反応するきらいがある
     (A先生有对别人的言词过盛反应的毛病。)

 

備考

 似ている文型「【N3文法】~がち

 







N1文法, 日本語の文法