【第2課】作文の基本を叩き込む

作文

 第2回の作文の授業です。

 まずは前回書かせた三題噺の返却。
 これらを全て確認し、間違いである部分に赤い丸をしました。
 丸が一つでもあれば不合格で再提出。毎週1つないし2つの課題を与え、学期末にはそれらの提出状況で成績を決めます。

 初回無事合格したのは1名…。
 2年生の作文はあまりにひどいもので、形式から単語・文法まで壊滅的でした。

 冬休みあれやこれやといろいろ準備してきたことは全てやらないことに決め、基本から教えるつもりです。
 そのためには助詞、口語使用、不自然な表現、句読点の使い方、書式、文全体のまとまり、全てにおいて鬼のように訂正します。
 嫌われることは間違いないでしょうが、この授業では学生に茨の道を進んでもらおうと思っています。

 ちなみに作文には赤い丸を書くだけで具体的にどう訂正すればいいかは示していません。
 まずは返却して学生自身に考えさせるためです。
 もちろん質問されれば答えますが、原則質問されない限りこちらから答えを教えることは絶対にありません

 今回の授業冒頭でこのことに触れました。今学期を通してのルールです。

 そして今回の課題は2つです。
 一つは前回の流れからもう1回想像作文です。

 「2人は別れた。」この後に続く内容を自由に考えてもらいます。
 2つ目の課題はもう一度三題噺。数人の学生に任意の名詞を挙げてもらって「ゲーム」「抹茶」「食べ物」の3つに決まりました。

 今回最も注意したことは、常体と敬体です。
 一番初めの文末が常体なら、それ以降全て常体でなければいけません。敬体でも同じです。
 これは日本人なら何気なくやりますが、やはり学習者ではなかなか意識しにくい部分だと思います。

 実際1回目の訂正でもほとんどの作文で統一されていませんでした。
 これに関しては強く意識してくれるようになるまで何度も訂正を繰り返さなければいけないと感じてます。

 
 この2つの課題を書いている間に私は再提出した作文の訂正、交換日記の進捗確認です。
 私も学生も暇な時間は一切ありませんでした。
 お互い茨の道ですが、今学期最後まで頑張ろう!

作文

Posted by そうじ