【第3課】若いうちにすべきこと

2年生後期会話

 第3回目のテーマは「若いうちにすべきこと」です。

 まずは「若いうち」の定義から。
 学生の意見から大体20歳以下くらい、大学生以下だと決めました。

 まずはこのテーマについて一人ひとり考えてもらいます。
 5分くらい時間を与えました。

 まずは一人ひとりの意見発表。
 素質を高める。視野を広げる。教養を高める。そんな内容ばかり。
 若いうちに素質を高めるべきだというなら、素質とは何か、どうやって素質を高めるのかまで踏み込む必要があります。

 意見があまりに抽象的でしたので、より具体的な意見にまとめるようアドバイスをしてグループで一つの意見を出してもらいます。
 時間は休憩時間も含めて20分与えました。

 各グループの回答です。

 良い仕事を見つける
 ・良い仕事が見つかれば親を心配させずにすむ。
 ・好きなものを買うことができる。
 ・旅行へ行くことができる。
 ・やりたいことをすることができる。

 このグループは終始論点がずれていて、聞いていても筋が通ってなかったですね…。

 道徳を高める
 ・道徳は仕事の基準である。
 ・優秀な人になれる。

 「だからどうやって道徳を高めるの?」「勉強しなくても道徳が素晴らしい人はいる」と質問が飛びましたが、良い回答はありませんでした。

 視野を広げる
 ・英語を勉強すれば文化を知ることができる。
 ・数学は応用力を養うことができる。
 ・歴史は伝統を学べる。
 ・学校での基本的な勉強は視野を広げるために役に立っている。

 若いうちにすべきことが勉強。一般的な回答です。

 家族を幸せにする
 ・そのために勉強を頑張る。
 ・勉強を頑張れば授業料が安くなったり、奨学金をもらえたりして家族の負担が少なくなる。
 ・兄弟に勉強を教えることができる。
 ・勉強ができればいい彼氏もできる。
 ・私が幸せなら家族も幸せ。

 
 もっとふざけた回答があってもいいと思います。
 しかし皆の意見は結構真面目な方に寄ってしまって、盛り上がりはイマイチですね…。

 この学年はあんまりはっちゃけるほうではないのでしょうがないかもしれません。
 ですからより真面目なテーマを持ってくるとちょうどよかったりするのかな?

 以上、第3回目でした。

2年生後期会話

Posted by そうじ