【第35回】「は」と「が」の違い

日本語コラム

 もし学生に「は」と「が」の違いについて問われたらどうしましょ。
 学生から過去一度だけ質問されたことがあります。
 中級にもなればそういう疑問が湧いてきても不思議じゃないですね。

 この問題は論文にできるほどのテーマらしくて、私も全部が全部分かってるよって胸張って言えません…。
 語ったところで意味分かんないって顔されますきっと!

 だからこの質問のときはいつも最も基本的な違いだけ教えることにしてます。

 

「は」と「が」の違い

 「私は医者です。」と「私が医者です。」
 前者は「医者」を、後者は「」を強調しています。

 強調というとやや語弊がある気もしますが、話したいこと、伝えたいことの中心がまさにその部分です。

 「は」はその後にくる言葉、「が」はその前にくる言葉に注意しましょう。

 例えば自己紹介のとき。
 「私は佐藤です。趣味はギターです。」と「私が佐藤です。趣味がギターです。」
 いったいどちらが正しいですか?

 前者は「佐藤」「ギター」を強調しています。
 後者は「」「趣味」を強調しています。

 自己紹介で最も重要な情報、伝えたい情報は「佐藤」と「ギター」ですね。
 ですからこの場合、「は」を使うのが正しいと言えます。

 先生は佐藤さんを探していますが、顔が分かりません。
 先生は大きい声で呼びかけます。

 「佐藤さんは誰ですか?」

 あなたが佐藤さんならどのように答えますか?

 ①「私は佐藤です!」
 ②「私が佐藤です!」

 この場合の最も重要な情報、先生の知りたい情報とは何でしょう。
 それは「佐藤」です。「私」ではありません。
 ですから「佐藤」を強調して言う「私が佐藤です!」が正しいと言えます。答えは②です。

 

まとめ

 「は」はその後を強調、「が」はその前を強調します。

 品詞が違うとか主語がどうたらとかいちいち説明しても学生はちんぷんかんぷん。
 興味があれば教えればいいと思いますが、会話の上達を目標とするならこのくらいの知識があれば十分ですね。

 

日本語コラム

Posted by そうじ