【第1課】交換日記開始

作文

 1回目の作文の授業です。
 この授業は先学期から入念な準備をしてきましたので、早くやりたい気持ちがありました。

 本来は2年前期と2年後期にそれぞれ作文の授業がありますが、前期は別の先生が行い、後期は私が行うこととなりました。
 したがって作文の基本的な書き方はすでに習得しているものとして考え、そのあたりの導入は省いてひたすら書くことに徹します。

 まずは最もやりたいと思っていた交換日記です。
 B6サイズの手帳のようなものを3冊用意し、その1ページ目に何月何日誰が書くか記したスケジュールを、2ページ目には以下の交換日記の書き方を貼り付けました。

 スケジュールは3冊全て異なり、同じ日に同じ人が複数書くことのないように調整しています。
 交換日記ですから手渡ししていくことが絶対です。
 ですから授業がなく会う機会もない週末土日はお休み、その他祝日等あればそれも同様お休みです。

 記念すべき最初のページは3冊とも私が書きました。ここはテンプレみたいなものですから適当です。
 進捗は毎週作文の時間にいったん回収して確認する予定です。

 この交換日記の素晴らしい点は次の人に何か質問をして、次の人がそれに答えるところです。
 こうすると交換を繰り返すモチベーションを高められます。
 また、交換が繰り返されれば繰り返されるほど日記としての価値は高くなり、久しぶりに自分の手元に戻ってくる頃にはきっと”小説”に変わっていることでしょう。

 そしてこの学期が終わる頃にはきっと素晴らしい宝物になっているはずです。

 一通り交換日記の説明が終わったらさっそく作文。

 まずは何でもいいので紙を用意させました。
 次に「私はボールを投げました。」と書かせます。みんなにです。
 学生にはこの続きを自由に考えてもらいます。時間は5分です。

 説明もなく突然だったので驚きの顔だったんですが、自由に想像して考えてもいいと伝えたら早かったです。
 みんな書き終わったところで数名に聞きました。

 「ボールは人の頭に当たりました。彼を連れて病院に行きました…」
 「(バスケットボール)見事3ポイント入りました…」

 聞いていく過程で書き出した作文の想像力を褒めてあげます。
 4級試験には作文がありますが別に事実だけを書く必要はない。とりあえず嘘もいいよ、自由な発想で書けばいいよと固定観念を取り払うことから始めました。

 もう1回練習です。
 「私は転びました。」に続く文を考えてもらいます。
 「頭から血が出ました…」
 「人がたくさん見ていましたので恥ずかしかったです…」
 などなど。

 これは今後も継続していきたい練習です。
 私のひそかな期待は、想像力が高まった末に奇抜さが出てくることです。
 「私は転びました。雨が降っていました。」と、このくらい詩的な文を書いてくれたら大成功かな。

 
 そして第1回目のメインテーマ「三題噺」。
 三題噺とは適当な言葉を3つ折り込んで即興で演じる落語のことです。これを作文でやってみました。

 今回は「チョコ」「雑誌」「殺人」
 三題噺は面白かったんですが、中には力技を使う人もいました。
 これはダメだよとは絶対に言いませんが、何度かやればもっと独特なのが生まれてくるかもしれませんね。

 書いてもらったものは回収して来週までに訂正して返却します。
 まず1回目でしたから、私の作文の授業の雰囲気を掴んでもらうことに重きを置きました。

 以上、1回目の作文でした。

作文

Posted by そうじ