【第2課】良い大学になるために大学がすべきこと

2年生後期会話

 第2回目のテーマは「この大学がもっと良い大学になるために大学がすべきこと」です。

 テーマを発表する前に私の大学に対しての不満で雑談。
 もっと給料が高いほうがいいなあとか、待遇が悪いなあとかそんな話です。
 内容は半分本当、半分冗談! 掴みなので多少誇張はありますけど、とりあえず学生が笑ってくれればそれでいいです。

 まずはこのテーマについて一人ひとり考えてもらいます。
 5分くらい時間を与えました。

 15人の回答を紹介します。

 エアコン設置 … 寮と教室に設置してほしいという要望です。エアコンがあるところは大抵大きめの教室だけです。
 Wifi飛ばす … 大学構内にフリーWifiを飛ばしてほしいということですが、実は以前はありました。めちゃくちゃ遅くて使い物にならなかったです。2万人の同時接続に耐えうるのを導入するのはやっぱりコストもかかりますね。
 寮を広くする … 今の寮は15畳くらいに最大8人詰め込まれ…。といっても中国ならどこでもそんな感じじゃないですか?
 トイレ環境改善 … トイレはものすごく汚くて不衛生。写真で見せようにもよくないものが映りますので見せられません…。
 新しい教室 … 外国語学院の建物は結構古いので建て替えてほしい。要求するのは簡単だけど…。
 パソコンを新しくする … 教室に設置されているコンピュータ、パソコン室のパソコンを最新のものに。
 構内に飲食店を … 小さめの商店は点在してますが、スーパーやレストランはありません。これがあれば確かに便利です。
 ベッドに机を設置 … 寮のベッドは簡易式のもので、寝るところしかないようです。これでは夜寮で勉強もできないし、化粧もできないと言ってました。
 昼休みを長く … 今2時間のところをあと30分長くしてほしいようです。
 浴場を増やす … 非常に多くの学生が少ない浴場を共有しているので、現状シャワーを浴びる時間帯をずらすなど工夫が必要だそうです。
 使用できる電圧を高く … 寮ではドライヤーなどは使用禁止です。使うと罰として数日停電させられるとか…。女の子ならちょっと可哀想です。
 体育館で体育の授業をしたい … これから暑くなると30度を超える気温の中、グラウンドで体育の授業を強いられます。冬どんなに寒くても、どんなにPM2.5がひどくても変わりません。
 図書館の席を増やす … 図書館は夏場はクーラーが効いていて静かなことから自習に人気な場所ですが、席があまり多くないので毎日座れない人で溢れています。
 教育施設の充実 … 日本語と関係があるところを言えば茶室とか。あとは調理室、視聴覚室などですね。

 これからグループごとに一つの意見にまとめてもらいました。
 時間は休憩時間も含めて20分与えました。

 各グループの回答です。

 寮の環境改善
 ・壁が薄い
 ・ベッドはきしんでうるさい

 エアコン設置
 ・これ以外の問題点は我慢できるが、暑さだけは優先的に改善してほしい。
 ・エアコンを設置すれば勉強効率が高まって成績が上がるはず。

 電力使用の制限解除
 ・ドライヤーや扇風機など使用できるようにしてほしい。
 ・各寮ごとにお金を払うことで維持する。

 寮のトイレの環境改善
 ・トイレの壁には広告のビラだらけ。
 ・清掃のおばさんは仕事が雑。
 ・床には水が溜まっている。
 ・臭いが気になる。
 ・洗面所なのに鏡一つない。

 様々な質問がありました。
 鋭く切り込む質問者には池上さんみたいに「良い質問!」と言ってあげるようにしてます。
 こうすると場が安定する感じがします。

 盛り上がりは文句なしでした。
 ただ一点反省しなければならないことは「良い大学とは何か」を定義しなかったことです。
 まずこの前提が定まらなければディスカッションも曖昧になりがちです。今回はあまり気になりませんでしたが、次から気を付けます。

 以上、第2回目でした。

2年生後期会話

Posted by そうじ