【第32回】日本語の美しくないところ

日本語コラム

 突然ですが、問題です。
 次の動詞の分類を(  )の中から選んでください。

 【問1】 愛する(あいする) ( 五段活用 / 一段活用 / サ変活用 )
 【問2】 値する(あたいする) ( 五段活用 / 一段活用 / サ変活用 )
 【問3】 揺する(ゆする) ( 五段活用 / 一段活用 / サ変活用 )

 どうでしょうか。
 もし正確に答えられたとしたら、この3つの動詞たちの奇妙さに気づかれたのではないかと思います。

 私は今、この「~する」の動詞たちにとても腹が立っています。

 「愛する」は五段活用、「値する」はサ変活用、「揺する」は五段活用です。
 一つずつ見ていきます。

 私が動詞の分類を簡易的に見極めるときは、動ない形で判断していますのでその方法を使って説明します。

 「愛る」の動ない形は「愛ない」。
 「す」が「さ」になっているのでサ行五段活用だと分かります。これは「話す」「治す」などと同じ使い方です。

 「値する」の動ない形は「値しない」。
 これは「する」がそのまま「しない」と変化しているので、サ変活用だと分かります。
 五段活用なら「値さない」になりますが、この言い方は不適切です。

 「揺す」の動ない形は「揺すない」です。
 「る」が「ら」になっているのでラ行五段活用です。

 
 全て「~する」で終わる動詞なのにも関わらず、分類が異なっています。
 しかも「愛する」に限って言えば、語尾の「る」が活用時完全無視。

 教えるなら「愛す」という言い方のほうが文法に沿ってて良いと思います。
 これは「訳する」と「訳す」、「徹する」と「徹す」などにも同様のことが言えます。
 しかし「愛するべき人」よりも「愛すべき人」のほうがより多く使われていますし、「愛する人」もごく一般的な言い方ですから困ったもんです。

 これでは「愛する」は「愛さない」だから、「値する」は「値さない」だ!と勘違いする人もいるかもしれませんし、またその逆のパターンも十分ありえます。

 「揺する」のような動詞も極悪非道に見えてきませんか?
 あたかも私はサ変ですよと見せ掛けておいて、実はラ行五段活用。
 こうやって学習者の混乱を招いていくのでした…。

 
 
 私は中国語の動詞を勉強するとき、①発音、②意味、③漢字の書き方によく注意します。人によっては、④例文、⑤派生した用法にまで及ぶでしょう。

 でも日本語学習者が日本語の動詞を勉強するとき、上で挙げた5つのポイントは同じですが、これに加えて動詞の分類にも注意しなければいけません。
 (一段動詞、五段動詞、カ変、サ変、自動詞、他動詞 …)
 なぜなら動詞の分類によって文法が細かく変わるので、正しく使うためには絶対必要なことなんです。 

 日本人ならなんでもないことですが、これを教えるとなると相当の労力が要ります。
 日本語のこういうところ、美しくないといわれても仕方ありませんね…。

日本語コラム

Posted by そうじ