交換日記の準備

日本語教師のお仕事

 冬休みに入り、来学期の授業の準備も着々と進めているところです。
 今は作文の準備を中心に行っているのですが、この間、交換日記に使うノートを作りました。

 表紙が黒い合皮製でちょっと高級感があるB6サイズのノートを3冊用意。
 開いて最初のところに、何月何日誰が日記を担当するかが書かれているスケジュールを貼り付けて、次のページに交換日記のやり方を記載しました。

 60ページほどしかありませんが、3月から6月中旬までやることを考えればちょうどいいのかもしれません。

 交換日記は、作文の授業で今回初めて導入しようと思っている試みです。
 やり方や様式も決めました。

 来学期3月の初めての作文の授業の日から、最後の授業の日まで行います。
 土曜日曜は除き、平日のみです。祝日などで平日が休日になった場合は行いません。

 平日は授業があるのでお互い必ず顔を合わせますから、そのタイミングで日記を次々交換してもらいます。
 書く内容ですが、大きく分けて3つ。

 1.前回書いた人からの質問に答える
 2.今日の自分自身の日記
 3.次回書く人への質問

 内容の制約や字数、行数などのルールは一切設けませんでした。

 授業のタイミングでいったん3冊の交換日記を回収し、授業が終わったら次の人へと返却します。
 私は1週間に1回進捗を確認するだけですから、負担はないに等しいですね。

 
 新しい試みですのでどうなるかは未知数ですが、来学期の終わりにこの3冊が私にとっての良い思い出になることを願っています。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ