【第15課】経済クイズ

日本経済

 今日は15回目ということで、最後の経済の授業でした。
 前回学生から最後はゲームをやりたいとの要望がありましたので、私はこの1週間超準備をしました。

 まずはB5サイズのホワイトボードを8枚と、それに対応するペンを用意しました。
 そして優勝者への豪華賞品として、高級チョコも自費で用意。
 せっかくクイズをやるからにはやっぱり賞品がないとやる気を引き出せないと思って、直前に購入しました。
 このチョコが今日現在日本円で1800円近くするものです!

 そしてパワポで18問の世界の経済や地理に関する問題を作成。
 かなりの気合の入れようです。

 授業冒頭、まずは近くの人でグループを組ませます。
 2人ないし3人くらいとし、それぞれにホワイトボードとペンを配ります。

 まずは練習問題として「2017年現在、日本の消費税率は何%?」と出題しました。
 その答えをホワイトボードに大きく買いて回答します。全員同時にです。

 正解したグループには1点。
 あらかじめグループにA~Hまでの識別番号を振っておきましたので、これに従って黒板で得点計算をします。
 ポイントが入ったグループには正の字を書き足していく方式です。

 ここから本番。
 用意した問題は18問です。18問終了後に点数が最も高いグループに豪華賞品プレゼント。
 ここから1時間半、教師をしてきた中で一番の盛り上がりです。私の声が通らないくらいの歓声でした。

 
 17問目が終わり、ラスト1問。
 この時点で優勝争いのグループは2組だったのですが、別のグループには既にチャンスが無くなっていました。
 そのまま通常通り進行してもよかったのですが、特別ルールで最後正解したグループには10ポイント与えることにしました。
 日本のバラエティなどではよくある手法なのですが、どうやら学生のあの反応を見る限り中国ではこの特別ルールは浸透していない気がします。

 結果は優勝争いしてたグループが最後も正解! チョコをプレゼントしました。

 
 教室は異常な盛り上がりでした。やってよかったです。
 はじめは「パーセントファイト」を予定していたんですが、答えの差を引くというのが厄介で、ゲームの進行やテンポを悪くするかもしれない懸念がありました。
 結局正解あるいはもっと近い答えに得点を与えるシステムに変更しています。

 また、今回は日本経済の授業でしたので出題にこそ困りませんでしたが、これを会話の授業で行うのは難しいかもしれません。
 学生がちらっと「先生が言った言葉をホワイトボードに書く」と言ってましたが、そういう方向性でもしかしたら応用できるかもしれませんが…。

 いずれにしても大成功です。
 来学期もチャンスがあれば継続してやってみようと思います!

 以上、最後の日本経済の授業でした。

日本経済

Posted by そうじ