【第12課】ぺティ=クラークの法則

 先々週の内容を書き忘れていたので、今更ですがまとめておきます。

 今回は12回目です。
 エンゲルの法則、ぺティ=クラークの法則、世界の食糧問題について触れます。

 ➀両親の仕事は何?
 学生一人ひとりに両親の仕事を聞いていきましょう。
 それを黒板に書いていくのですが、さりげなく産業別に分類して書きます。
 第1次、第2次、第3次です。

 ➁農業のイメージ
 3Kという言葉がよく使われているようですから紹介します。
 汚い、きつい、カッコ悪いです。
 中国の農業なんかにも触れながら話を広げていきます。

 ➂エンゲルの法則.ppt
 まずは学生の1ヶ月の食費、消費支出を頭の中で考えてもらいます。
 教室で言うのは抵抗があるかと思いますので、あくまで言わせません。

 そして「食費/消費支出×100」を計算してもらいます。
 値を聞いていきましょう。

 学生ですので80%近くの回答が多かったですが、中には30%という人もいました。かなりお金持ちって感じです。

 ここで用意したパワポを使います。
 実は計算したのはエンゲル係数です。
 このくらいのレベルなら言う前にとっくに気付いている学生も多かったですね。

 ➃エンゲルの法則
 エンゲル係数が低いほど、生活水準は高い。
 エンゲル係数が高いほど、生活水準は低い。
 一般的に20%~30%が富裕基準と言われています。

 日本は終戦直後は60%近くありましたが、2016年時点では25.8%。
 2016年中国は30.1%だそうです。

 しかし最近日本のエンゲル係数は再上昇してきました。
 なぜでしょう?
 1.食品価格の上昇
 2.収入が増えない

 ➄日本の産業構造.ppt
 パワポで日本の産業構造の変化について説明をします。
 外国とも比較をします。

 ➅なぜ1次から2次、3次へと移り変わる?
 経済発展を遂げるにつれて、どの国も1次、2次、3次へと産業構造が移り変わっていきます。
 これを「ぺティ=クラークの法則」と呼びますが、いったいどんな流れで移り変わるのかを学びます。

 ➆ぺティ=クラークの法則
 経済発展をすると食料の授業が相対的に低下(エンゲル係数低下)します。
 農業の成長率が低下し、これが農工間不均等発展となります。
 この過程で1次から2次、2次から3次へと移り変わるというわけです。

 ➇日本の食糧問題・農業問題
 2015年後の日本の人口は1億2400万人くらい。
 農業就業者数は209万人でした。
 したがって農業就業者比率は1.68%程度です。
 2017年現在だと200万人を切っています。

 ➈世界の食糧問題
 人口増加は避けられず、世界的食糧難になる可能性も高いわけで、そんな中世界はどのように変わっていくかです。
 今日本でも農業改革が行われていますが、第1次産業の復興が求められています。

 ➉余談
 食糧問題の話をすると、よく「昆虫食」の話もでてきます。
 これはついでに話してみたらかなりうけました。

 以上、今回は農業問題について触れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。