【第22回】「肉」と「身」

 学生がよく魚の可食部を「肉」と表現しているところを見かけます。
 これもまた母語の転移ですが、日本語から見ると誤用です。

 ここではその「肉」と「身」の違いについて解説します。
 それぞれ全く違うものを指しますので注意をしてください。

 今回は食べ物の観点から述べますので、筋肉や脂肪などの話は除外します。

肉(にく)

 単に「」と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉を指します。
 (日本では一部の地域を除き、羊肉はほとんど食べられません。)
 特別ではありますが、ワニ肉、ラクダ肉、蛇肉、ネズミ肉…という言葉もあります。
 日本人は基本的にこれらを食べませんので、使用頻度は低いでしょう。

 「この肉美味しい! なんの肉?
 このような話をする時は、まず間違いなく牛肉、豚肉、鶏肉…のいずれかです。
 魚肉という言葉もありますが、これと肉は会話上では明確に区別されます。

 

身(み)

 「身がぷりぷりしている
 「新鮮な身

 このような会話文はよく使われます。
 このが指すものは、そのほとんどが海産物です。
 魚、蟹、海老、貝、ウニなど…
 魚の肉、蟹の肉、海老の肉などという日本語は存在しません。全て「身」と言います。

 そのため刺身、赤身、白身は全て魚に対する言葉です。

 ※ただしイルカや鯨、サメは例外的で、「身」は使いません。
 イルカの肉、鯨の肉、サメの肉と言います。
 日本ではイルカの肉は通常食べません。

 

実(み)

 「み」繋がりでもう一つ話しますが、「」もあります。
 これは植物の種や果実を指します。
 例えば、椰子の実、林檎の実、桃の実などと使います。
 しかし通常会話では「この林檎おいしい」「この桃おいしい」と使われ、実際「~の実」と言われるケースはありません。

 
 
 調べればもっと詳しい違いがあるはずですが、この程度の違いを覚えておくだけでも会話では十分だと思います。

 「」は地上の動物
 「」は海の生き物
 「」は植物や果物

 こう覚えるといいと思います!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。