【第10課】「あげる」と「もらう」

 今回は記念すべき10回目の授業、授受動詞の基本を勉強します。

 第10課 単語.pdf
 第10課 内容.pdf

 授受動詞は「あげる」「もらう」「くれる」の3種類ありますが、それぞれ尊敬表現もあり、格下に対する「やる」もあります。

 これらを同時に覚えようとすると主語と二格が混乱しやすく、さらに両者の上下関係によって変化することにも注意しなければいけません。

 ですから今回はこのうち「あげる」と「もらう」だけに着目し、導入します。
 それ以外のものには原則触れません。

 授業の前にチョコレートを20個30個くらい用意しておきました。
 授受動詞の授業ですから、実際にお菓子を上げるのがいいと思います。

 まずは復習です。
 前回は「【目的語】を~ます」の形を勉強しました。
 ちょうど独身の日が過ぎたこともあり、「11月11日に何を買いましたか?」と聞いてみました。
 一人ひとりの答えに対して「いくらですか?」と聞いていきます。

 続いて、文法➀「~にあげます。」です。

 私はあなたに100元をあげます。
 

 主語から二格へ物が移動します。
 もっとも分かりやすい用法ではありますが、原則として内から外、あるいは外から外への移動しか表現できません。
 (一人称、二人称、三人称によって区別される。)

 ここで学生一人を教壇に呼びます。
 「あなたはお腹がすいていますか?」と聞きます。
 「すいている」と答えれば、チョコをあげましょう。
 そこで学生に「あげます」の文を作らせます。

 先生は〇〇くんにチョコをあげます。

 学生が2人のパターンもやりましょう。
 ここでしつこく3回くらいは練習することをおすすめします。

 続いて、文法➁「~にもらいます/~からもらいます。」です。
 
 彼氏にプレゼントをもらいます。
 

 主語は二格から物をもらいます。
 「あげる」と文の構造が反対になっているため、この点に注意してもらう必要があります。

 もう一度学生を教壇に呼びましょう。
 再び先生から学生へチョコを手渡す動作をします。
 既に勉強した「先生は学生にチョコをあげます」は言えますが、これを「もらう」を使って言い返させます。

 「〇〇くんは先生にチョコをもらいます。
 ちょうど反対になっているので、黒板に対称的に書くと分かりやすいと思います。
 ここも何度も練習しましょう。
 特に「あげる」と「もらう」の言い換えはしつこくです。

 ついでですが、「あげる」は「貸します」「教えます」に、「もらう」は「借ります」「習います」に置き換えることができます。
 

 貸しますと借りますだけ練習しましょう。
 ペンが見つからない、ないふりをします。
 「ペンを貸してください」
 学生は私にペンを手渡します。
 「先生は〇〇さんに(から)ペンを借ります。

 すぐ対になる文も言わせましょう。
 「〇〇さんは先生にペンを貸します。

 これも念入りに練習しましょう。
 学生2人を指名して立たせます。
 一方に「”あげます”で例文を作ってください。」と言います。
 そしてもう一方がそれに対応した対の文を言います。

 例えばこのような感じです。
 片方が「私は先生にチョコをあげます。」と言えば、もう片方は「先生は彼女にチョコをもらいます。」という具合にです。

 「あげます」「もらいます」「貸します」「借ります」「教えます」「習います」の6種類ありますので、適宜作らせる例文を変えながらやっていきましょう。

 
 最後「あなたはどんな誕生日プレゼントをもらいましたか?」と聞いてみました。
 これも一人ひとり、「誰から?」「いつ?」など聞いていきましょう。
 発話させる機会を増やすためにもいいと思います。

 以上、授受動詞第1回目でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。