【第8課】もし私が主席なら…

 先日トランプさんが中国にやってきたことに合わせて、今回は「もし私が主席なら」というテーマをやってみました。

 日本でも「私が総理大臣なら」というテーマは小学校の作文などではよく書くかと思います。
 中国の大学生ならどのようなことを言うのかなと単純な興味です。

 ・福祉を充実させる。
 ・官僚の汚職を減らす。
 ・教育に力を入れる。
 ・環境保護に力を入れる。
 ・科学技術の発展を促進する。
 ・平和や安全を優先する。

 以上の意見はもっと多い意見です。8割近くの人がこのように言ってました。

 中でもびっくりしたのは「政治家は国民の中で最も偉い人だから、人民のために尽くさなければならない」と言った事です。
 日本では政治家は国民によって選ばれるので、政治家の方が偉いという話は通用しません。仕組みが違うと考え方も違うんですね。

 ・宿題を減らす。
 ・試験を減らす。
 ・木を植える。
 ・この大学を最高にする。
 ・毎日美味しいものを食べる。
 ・ゲームの会社を作る。
 ・悪い人を全部殺す。
 ・タバコを吸う人を全部殺す。
 ・美人を探して彼女にする。

 以上はユニークな意見です。
 宿題や試験が非常に多いのは中国の教育の特徴ですから、ここを緩和するために主席の絶対的な権限を使いたいとのことでした。

 字面で見ると戦慄しますが、悪い人やたばこを吸う人を殺すと言った人はクラスの中でもムードメーカー的存在です。
 最後に美人と結婚すると言った時は話が落ちました。

 全ての権限を私欲に費やす。
 このテーマを与えた意味があるというものです。

 反省点ですが、このテーマは男のほうが考えやすいようです。
 女の子にはあんまり向いていないかもしれません。

 今回は男が5人いたので大丈夫でしたけど、もし女の子だけだったら不適切なテーマのような気がします。

 以上、2年前期の会話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。