【第19回】悪魔の書

 日本語勉強するときには色んな教科書や参考書があります。
 ほとんどは本になるくらいですから非の打ち所はないんですけど、中にはなんじゃこりゃっていうのものあります。

 文法や単語が間違っているくらいなら可愛いもの。
 内容さえ良ければ、その程度の間違いはこっそり訂正して本棚行きです。

 しかしこの間、私はついに「悪魔の書」を発見してしまいました。

 本当に酷い本です。

 私の学生は実際この本を読みました。
 そしたらたちまち自分の発音に自信を無くし、発話するのが怖くなったと言っていました。

 自分は正しい発音ではないんだと思い込み、結局口数が減ったり、声が小さくなったり、悪い影響だらけです。

 この本は日本語の発音について詳しく書かれた本です。
 「日本人らしい発音・会話」を徹底的に学ぶことを目的としています。

 文法や単語に全く問題はないんですが、しかし読んだ人の発話意欲を大幅に削ぐ副作用が認められます。
 発音や会話が上手になりたいなら、まず発話自体を増やすことが重要じゃないんですか? 違いますか?
 
 私は著者さんに言いたい。

 日本人らしい発音って言いますけどね…

発話意欲を削いだらダメでしょ!!!

 みなさんも教科書選びは気を付けてください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。