【第9課】学歴は必要か

 第9回目となりましたディベートの授業です。
 学生からの要望もあり時間配分を変更。

 14:00 ~ 14:20 プレゼン発表
 14:20 ~ 14:50 グループの準備時間
 14:50 ~ 15:20 討論1回目
 15:20 ~ 15:50 討論2回目

 あまり気が進まなかったのですが、やむを得ず休憩時間を削って討論時間を10分程度増やしました。
 その代わりトイレには自由に行ってもいいよということにしてバランスを取ります。
 学生たちも討論時間が増えた事に賛成してくれましたので良かったです。

 今回のテーマは「学歴は必要か」。

 中国において学歴というのは非常に重要視されます。
 日本よりもはるかに学歴社会と言ってもいいでしょう。
 そんな中、学生達は自分の将来に対してどのように考えているかを問います。

 最初分かれてもらったところ、必要が15人、不要が2人でした。
 あまりに偏ってしまったので人数を調整してグループで準備させます。

 時間を10分ほど増やしたことで、満足するまで討論してもらえるようになりました。
 

 【必要派】
 ・良い仕事のためには高い学歴が必要。
 ・学歴は能力を体現している。
 ・一流の会社に入ることができる。
 ・学歴がないと、面接する資格すら得られない。
 ・多くのリーダーたちは有名大学を卒業している。
 ・人生の選択範囲は広くなる。
 ・最後、学歴がないと結局行き詰まる。
 ・学歴が必要じゃないなら、なぜ大学に入りますか?

 【不要派】
 ・学歴は必ずしも必要ではなく、必要なことは勉強をすること。
 ・学歴が必要だという人は能力が低い。
 ・学歴によって良い仕事を見つけても、能力がないと続けられない。
 ・KFCのアルバイトには不必要だ。
 ・経験を重ねれば学歴を越えることができる。
 ・学校と社会の判断は異なる。
 ・大企業に入る可能性は誰にでも必ずある。
 ・就職難で学歴は必要ではなくなってきている。
 ・上司は学歴より能力を重視する。
 ・中国では不正な手段で学歴を得られる。

 
 学生が以前日系企業にインターンシップした時の経験を話していました。
 そこの日本人担当者は大学を卒業していないのにも関わらず、中国支社の管理を任されていること。
 学歴がなくても能力があるから出世している。
 非常に大きな意見だと思います。

 また、いくつかの名言が飛び出しました。

 「必要と重要は違う」
 「学歴があっても能力があるとは限らない」

 今回もなかなかの討論となりました。
 毎週この時間が楽しみです!

 以上、9回目のディベートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。