ゲーム「漢字の部首ゲーム」

 漢字を使ったゲームを一つ見つけました!
 もともと漢字圏ではない日本語学習者に漢字を覚えてもらうために使っていたようなんですが、最初から漢字が使える中国でなら学習ではなくゲームとしてできますね!

 ルールを紹介します。

漢字の部首ゲーム

 漢字の部首だけを見せて、それに何か付け足して漢字を作ってもらいます。

 「さんずい」「にんべん」「ぎょうにんべん」「しんにょう」「くさかんむり」…
 種類はとてもたくさんあるので出題には困らないと思います。

 グループを作って互いに競争させるのがいいと思います。
 黒板を2つないし3つに分けて、思い付いたら書いてもらいましょう。

 ただし以下の点に注意です。

 例えば、問題が「さんずい」のとき…
 「」という字の中にも一応「さんずい」があります。
 しかしこの字の部首は「くさかんむり」であって「さんずい」ではありません。

 あるいは地獄の「」は中央に「言」がありますが、部位は「けものへん」です。

 これを認めるか認めないかは教師の判断ですね。
 面白い発想だとして正解にするのも盛り上がりそうです。

 ABC3つのチームに分けてやってみました。
 1回戦目はAチーム「ごんべん」、Bチーム「うかんむり」、Cチーム「てへん」です。
 2回戦目はそれぞれ「きへん」、「しんにょう」、「にんべん」。

 辞書や携帯は使わないとしたほうがいいです。
 辞書によりますが、部首ごとの漢字一覧が載ってるかもしれませんので。

 1回10分程度で2回戦、ボリュームは25分くらいですね。
 ぜひやってみてください!

 ちなみに漢字を使ったゲームは他にも「「口」に線を2本書いて別の漢字を作る。」があります。
 漢字圏の中国ではみんな漢字の天才なので、結構ムキになってやってくれますよ!
 

“ゲーム「漢字の部首ゲーム」” への1件の返信

  1. ピンバック: ゲーム「漢字の画数ゲーム」 – 毎日のんびり日本語教師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。