同じ部首の漢字をたくさん挙げる「漢字の部首ゲーム」

教案, 日本語コーナー

漢字の部首ゲーム

必要なもの 特になし
かかる時間 1問10分以内
人数 6人以上

 漢字の部首だけを見せて、それに何か付け足して漢字を作ってもらいます。

 1グループ3人以上として最低2グループ以上作り、対立形式にします。
 各グループごとに別々の問題を出題します。そうしなければカンニングが発生してしまうからです。「さんずい」「にんべん」「ぎょうにんべん」「しんにょう」「くさかんむり」など種類はとてもたくさんあるので、出題には困りません。

 それぞれのグループの代表者が黒板に漢字を書き、他の人は思い付いた漢字を叫んでいきます。このとき、辞書や携帯は禁止です。

 ただし以下の点に注意です。

 例えば、問題が「さんずい」のとき…
 「」という字の中にも一応「さんずい」があります。しかしこの字の部首は「くさかんむり」であって「さんずい」ではありません。また、地獄の「」は中央に「言」がありますが、部首は「けものへん」です。
 これを認めるか認めないかは教師の判断とします。面白い発想だとして正解にするのも盛り上がりそうですね。

 

実際にやってみた結果

 ABC3つのチームに分けてやってみました。
 1回戦目はAチーム「ごんべん」、Bチーム「うかんむり」、Cチーム「てへん」です。2回戦目はそれぞれ「きへん」、「しんにょう」、「にんべん」です。

 中国人はみんな漢字のプロフェッショナルと言えますから、煽るとすごく盛り上がってくれます!
 ぜひやってみてください。