【第9課】マイナス金利政策

 第九回目の日本経済の授業です。
 今回は金融機関の役割と金融政策について学ぶわけですが、教案を作る時点で「これ3年生理解できんのかな」と思うくらいでした。

 結果から言うと、やっぱり簡単ではなかったですね。
 こうなるとこうなるみたいな因果関係を理解できなければそこで脱落してしまいます。

 それでも20%くらいの学生は付いて来てくれました。
 幸い学生側からの質問も途絶えなかったので、一部の学生に助けられてました。

 一人語りにならないように適宜質問を投げかけていきます。
 おおよその流れはこのような感じです。

 ➀銀行はどうやって儲けるのか。
  利息、手数料、運用

 ➁信用創造
 本源的預金、派生預金、預金準備率

 ➂通貨供給量(マネーサプライ)をどうやって増やす?
 日本や中国のマネーサプライ
 公定歩合の変動、預金準備率の変動、公開市場操作、(公共事業)

 ➃流動性選好理論

 ➄マイナス金利
 日本の経済状況

 
 もともと100分をゆっくり使って徐々に理解させながらというのを考えていましたが、意外と学生の理解は速かったです。
 結局20分くらいあまってしまいましたが、そこから余談を始めました。

 宝くじ500万元当たったら何をする?
 お金は寂しがり屋
 現代の錬金術

 などについてです。

 この授業は学生の多くがついてこれませんでした。
 もうちょっと分かりやすく作り直す必要があるかもしれません。

 【第8課】<<【第9課】 >【第10課】

“【第9課】マイナス金利政策” への2件の返信

  1. ピンバック: 【第八課】結婚相手に求める条件 – 毎日のんびり日本語教師

  2. ピンバック: 【第10課】自分の利益ばかり考えると… – 毎日のんびり日本語教師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。