【第6課】あなたの価値はいくら?

 前回と同じく、独自で単語表と内容を作って配りました。
 一応pdfで置いておきます。

 第六課 内容.pdf
 第六課 単語.pdf

 今回の主な内容としては、「~はどこですか?」と「~はいくらですか?」です。
 それに付随して、場所の名前や数字の言い方をたくさん練習します。

 まずは前回の内容の復習からです。

 ・あなたの名前は何ですか?
 ・あなたは何歳ですか?
 ・あなたの専門は何ですか?
 ・あなたの趣味は何ですか? 等々…

 回答には必ず「私の〇〇は~です。」と完全な形で言わせます。
 単に「〇〇です。」と省略することもできますが、最初のうちは言うことがとても重要です。

 復習が終わったら今回の単語を3回ずつ一緒に練習。教師から大きな声で煽ります。
 単語の中には場所の名前を多く用意しました。これは後で使うためです。

 次に文法の「➀~はどこですか?」に触れます。
 一つずつ丁寧に復唱させます。

 ・あなたの携帯はどこですか? ⇒ 私の携帯はここです。
 わざと誰かの携帯を遠くにおいて、
 ・彼女の携帯はどこですか? ⇒ 彼女(私)の携帯はそこです。/あそこです。
 ・故郷はどこですか? ⇒ 私の故郷は〇〇です。

 次に、学生に世界地図と日本地図を書いてもらいます。黒板に大きめにです。
 単語表の中には多くの地名が書かれてますので、一人ひとり指名して「アメリカはどこですか?」「京都はどこですか?」「イギリスはどこですか?」という具合に聞いていきましょう。
 その都度チョークを渡して書いてもらいます。

 一通り終わりましたら、ここでも復唱させます。
 場所一つずつ「ここはアメリカです。」「ここは京都です。」と3回。しつこく繰り返します。

 ここまで来ましたら、簡単なマジックの出番です。

 あらかじめ加工した3つのコップとコインを用意します。詳しくは上の動画を参照してください。
 中にコインを隠してコップを移動させた後に「コインはどこですか?」と聞くのを数回やりますが、その最後にこのマジックをやりました。

 私は1回目成功しましたが、アンコールで2回目やったらばれました。
 角度によっては見破られますし、教室という距離感だと見にくいかもしれません。
 ばれて失敗したなあと思ったんですが、かえって盛り上がりましたのでよかったかもしれません。

 次に文法「➁~はいくらですか?」ですが、その前に数字の勉強をしなければいけません。
 第四課で0~100までは教えましたので、ここから一気に10000まで教えましょう。

 100 ひゃく
 200 にひゃく
 300 さんびゃく
 400 よんひゃく
 ・
 ・
 8000 はっせん
 9000 きゅうせん
 10000 いちまん

 特に注意しなければならないのは300、600、800、3000、8000ですので、視覚的にも理解しやすくするため赤いチョークかなんかでちゃんと囲っておきます。
 このタイミングで日本のお金を紹介してもいいかもしれません。

 あとは、簡単な計算式を書いて答えてもらったり。

 40+12=
 2×16=
 777+333=
 63×67=
 2の4乗=
 √6×√24=

 これらもよく復唱させます。
 その後は質問タイム。
 ・あなたの携帯はどこですか? ⇒ あなたの携帯はいくらですか?
 ・あなたのペンはどこですか? ⇒ あなたのペンはいくらですか?
 ・あなたの靴はいくらですか?
 ・(日本円あるいは中国元を渡して)これはいくらですか?
 ・あなたはいくらですか?

 最後は適当だと思う学生に問いかけてください。
 万までしか言う手段を持っていませんので、答えるのであれば1万元程度。
 単語表には「分かりません」がありますので、答えられなければそう答えることもできます。

 
 時間が余りましたので、数字の読み方をもう一度復習することにしました。
 100~10000を一人ずつ、そして私がランダムに書いた数字を読んでもらったりします。

 これで第六課は終わり。十分な手ごたえでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。