体の部位を覚える

 「くっつき虫」というゲームがあるそうです。
 これは2人~3人のグループになって行い、体の部位を言ったらその部位を素早くくっつけ合うというものです。
 ちょっとしたアクティビティですが、応用すれば体の部位を覚えるために使えそうじゃないですか?

 内容からしてもALTがよくやりそうな感じ。対象はせいぜい1年生でしょう。

 初級の段階で学ぶであろう体の部位はこのくらいかな。
 頭、耳、口、鼻、首、背中、肩、腕、手、お腹、お尻、足

 このうちくっつけるのに適しているのはこのくらい。
 頭、背中、肩、腕、手、お尻、足

 さらにその中で恥ずかしいと思ったり、難しいかもしれないのは
 耳、鼻、お腹、口

 教師がランダムに言って、学生たちは素早くくっつけます。
 慣れてきたらこの役を学生にやってもらいます。
 わずかに恥ずかしさを感じるあたりが面白くなりやすいですから、ギリギリ狙って「鼻」、完全冗談で「口」って言うのも逆にいいかもしれませんね。

 なお、グループ内は同性しかいないことを想定してます。
 異性同士で組むことになった場合は、その場の空気によって判断ですね。

 はじめは2人1組でやって、次はより難しく3人1組、最後は4人1組でやってみるなどするといいんじゃないでしょうか。

 どなたか採用してみたら、その結果をぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。