たとえ~ても

2017年9月29日文法

説明

 硬めの言い方で「たとい~ても」もありますが、会話では通常「たとえ」を使います。
 まだ起きていないことにしか使えません。

 【接続】 たとえ+動て形+も
      たとえ+い形て形+も
      たとえ+名詞+でも
 【意味】 もし~でも
 

例文

たとえ失敗して、次また挑戦すればいい。

たとえ冗談で許されない。

たとえ苦しくて最後まで走り抜くつもりだ。

 

備考

 似た文型に「どんなに~ても/いくら~ても」があります。
 こちらは既に起きたことにしか使えない点で異なります。また、程度だけではなく回数が多いことについて述べる用法もありますので、範囲はこちらのほうが広め。

 

文法

Posted by そうじ