【第3課】思い出の先生

 第3回のテーマは「思い出の先生」。
 印象に残っている先生の思い出話をしてもらうというものです。

  9月 メモ読む
 10月 少しメモ見る
 11月 メモ見ない
 12月 即興

 今学期はこのような目標を掲げてます。
 まもなく10月ということもあり、今回から早速少しメモ見てもいいという段階に移ることにしました。

 印象に残っているのは「棒で叩く先生」が2人いたことです。
 始めに言っておきますが、何が教育で何が体罰か、どの程度まで許されるか等の話はここでは触れません。

 学生によると何かあるたびにお尻や足を棒で叩くようです。
 「犯罪じゃないの?」と聞くとそうではないと答えてました。
 日本ならこのご時世絶対大問題になりますが、中国ではこういうのがまだあるんですね。

 今回第3回目ですが、2年生会話の授業のボリュームにちょっと問題があるように思えてきました。

 前回は「クラスメートを褒めよう」というテーマ。
 前作業としてまず相手の良い所を箇条書きで10個考えさせてから、次にそれぞれの理由を考えさせます。フェーズが2つあったので、体感的にボリュームがありました。

 しかし今回は突然「思い出の先生考えて」というだけだったので、その前作業がない分そう感じたんだと思われます。
 次回からは前作業ができるようなテーマを探すことが必要になりますね。

 以上、次回は国慶節明けの10月12日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。