【第3課】don’t say 100 game

 1年生3回目の授業。

 まず授業に入る前に適当な雑談して雰囲気作ってから復習。
 清音、濁音、半濁音、拗音をそれぞれ黒板に一列ずつ書いてもらいます。

 日本語の勉強を始めてちょうど1週間経ちましたから、もう本見なくても五十音書ける人が多かったです。
 しつこいようですがここでも五十音図一列ずつちゃんと発音確認していきます。
 最初ほどこれでもかというほどやっておかないと、定着も期待できませんし、何より今後やる機会を失うからです。

 復習が終わったら、今回は第三課「数字」です。
 教科書にはありませんでしたが、「0」もちゃんと勉強しておきます。

 まずは黒板に「0」~「10」を書いて、一つひとつ発音を確認していきます。
 その際0、4、7、9は複数の読み方がある点に注意しなければいけません。
 すぐ二種類覚えさせるのは混乱を招きますので、とりあえず初回はそれぞれ「ゼロ」「よん」「なな」「きゅう」を優先に覚えてもらいました。これは今後電話番号や円周率を数字の練習として扱う予定なのを見据えての判断です。

 日本語の数字の読み方は規則性を持っていますので、「1」~「10」まで覚えさえすればそれを応用して「99」まで言うことができます。誤用するとすれば「10」~「19」の数字を「いちじゅう」~「いちじゅうきゅう」と読んでしまう程度ですが、これは指摘すればすぐ直ります。「100」も忘れず教えておいてください。

 ・任意の数字を黒板に書いて、それを学生に読んでもらう。
 ・数名教壇まで出てきてもらって、私が言った数字を黒板に書いてもらう。
 ・嫌そうでなければ携帯電話の番号を言ってもらう。

 以上3つ、全てやる必要はありませんが、適宜こういうのを挟んで数字に慣れさせましょう。

 ここまできたらいよいよ本番。数字を使ったゲームをします。
 ルールは私の中国語では説明し切れないので、ここで4年生の1名に手伝ってもらって通訳してもらいました。

 「don’t say 21 game」というゲームです。
 2~3名で1から順番に数字を言っていきます。1人につき言える数字は3つまで。
 3つまでですので、1つだけ言ってもいいし、2つ言ってもいいです。ただし最低1つは言わなければいけません。
 この繰り返しで21を言った人が負けです。

 まずは隣でペアを組み、2人ないし3人でグループを組んでもらいました。
 感覚をつかむために、まず学生達の母語中国語でゲームを遊んでもらいます。これは案外必要な工程です。

 その後は近くの4名~5名でさらに大きなグループになってもらい、今度は日本語で練習してもらいます。
 この人数だと21では到底足りませんので、このタイミングで100を言ったら負けというルールに変えました。
 10分以上十分に時間をとって、1~100までをゆっくり確認させる時間を与えます。

 ここで休憩を挟みました。

 休憩明け、さっそく教室全体を使った「don’t say 100 game」です。
 特別ルールとして50と100を言った人は「五十音図を暗唱する」という罰ゲームを設けました。罰ゲームしたくないという感情によって真面目に取り組む姿勢を引き出すことができます。

 50に近づくにつれてガヤガヤし出します。50を言ったら盛り上げの一環で拍手。
 罰ゲームの執行はあとに取っておいて、先にゲーム継続します。100でも同様、ちゃんと拍手しましょう。
 そして1人ずつ五十音暗唱です。つまづいてもちゃんと最後まで言えたらここでも拍手です。
 これを2ゲーム行いました。

 この後もいくつか数字にまつわる教案があったんですが、感覚的にこの辺りがピークだと思ったので宿題を出して授業終わりました。宿題は1~50を语音で読み上げるというものです。

 このゲームは大変盛り上がります!! しかも道具も要りません。
 初級の段階ではぜひやってみてください!

 以上、1年生3回目の授業でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。