【第3課】時間とお金、どっちが大切?

教案, 二年後期 会話

 第3課のテーマは「時間とお金、どっちが大切?」です。


 

時間派の意見

 ・旅行できる
 ・死ぬ前に大切なのは時間
 ・家族と過ごせる
 ・体を鍛えたりすることができる
 ・お金を稼げる
 ・彼女・彼氏と付き合える
 ・真の生き方を見つけるには時間が必要。
 ・お金は取り戻せるが、時間は取り戻せない。
 ・お金はあればあるほど価値がなくなっていく。
 ・私と彼氏は時間があるだけで嬉しい。お金はいらない。
 ・生命の基本は時間だ。
 ・中国の皇帝は高齢になった後に時間をかけて長寿の薬を探していた。やはり時間は大切だ。

 

反対派の意見

 ・お金は生活の基礎
 ・お金があれば経験が増えるので視野が広がる
 ・違う世界が見れる
 ・お金の力で時間を省ける
 ・お金は家族に相続できるが、時間はできない。
 ・人を自由にする
 ・お金で時間を節約できる
 ・彼氏とごはん食べて、「割り勘にしよう」と言われた時お金ないならどうする?
 ・お金があれば買い物に困らない。時間があっても好きなものは買えない。
 ・お金があれば、仕事をする時間は必要ない。
 ・私たちは女の子。綺麗な服を買って、旅行して、化粧して… お金は必要です。
 ・経済発展したから娯楽の時間が増えた。
 ・出前が来るまでの時間に勉強することもできる。それはお金を時間で買っているということだ。
 ・時間は誰でも1日24時間あるが、お金はそうではない。

 

まとめ

 「私と彼氏は時間があるだけで嬉しい。お金はいらない。」という意見は中国ならでは。こういう公共の場で自分の彼氏との関係を堂々を話せるのは日本人にはなかなか難しいですね。でもこのような柔軟な意見がディベートを盛り上げてくれます。