【第11回】インスタ映えとは?

 ちょっと遅いですが「インスタ映え」という言葉、最近流行ってる(?)みたいですね。特に若い女性を中心に使われているように思います。

 一部嘲笑の対象として揶揄されることもあり、使う場面によっては必ずしも良い意味とは限りません。

 また、インスタが淘汰されると当然この言葉も死語になります。流行語の中でも汎用性は随分低い方ですから、たぶんこの言葉自体の寿命はそう長くありません。

 ですが一応説明しておきます。

  

インスタ映え

 SNS「Instgram(インスタグラム)」に写真をアップした時に映える、見栄えが良いという意味。
 被写体にアップする価値があり、かつ写真写りが良いときに「インスタ映えする」と使う。

 動作性の名詞なので、後ろに「する」を接続して使える。
 この場合は自動詞。

 

 
 ちなみに中国でも同様の現象が見られます。
 インスタがない代わりに微信やQQを使って自己発信をし、やはり女子大生を中心に盛んです。

 今日何食べた、私今どこにいる、何をしている… そんな他愛もないこと。
 やっぱり女の子はどの国でも女の子ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。