【第3課】国家運営に必要なものは何?

 第3回目の日本経済の授業です。来年のために今回の内容をここにまとめておきます。

 まずは授業の最初の掴みで最近の日本のニュースを紹介。「iPhone X」の話題が多かったので、それに関するニュースを紹介しました。中国では、iPhoneはほんの数年前まではかなり人気だったんですが、近年売り上げが落ちてきてるという現状があります。同時にsamsungも前年比マイナス二桁くらいでした。その代わりoppo、huawei、vivo、xiaomiなどの国産スマホが市場を席捲してきてることも紹介。身近なニュースでしたので掴みは完璧でした。

 続いて本題に入る前のちょっとした活動です。今回はネットで見かけた「アクティブ・ラーニング」というのを導入してみました。

 まず想像を膨らませるために「家族で一番重要なことは何か」と聞きました。これは30秒くらい考えてもらって、5人くらいに回答を聞いてみました。家族愛(感情)、お金等々と答えてもらいました。この話題は数分くらいで終わります。
 そこから更に大きな話になり「国家運営に必要なものは何か」と再び質問。

 流れとしては以下。
 ➀まず個人で必要だと思うものをたくさん挙げてもらう。(5分程度)
 ➁それを重要だと思う順に順番をつける。(3分程度)
 ➂4~5人のグループに分け、グループで一つの意見をまとめてもらう。(15分程度)
 ➃結果を黒板に書いてもらう
 ➄各グループに根拠を聞いて、各グループの考え方を教室全体で共有(5分程度)

 学生からはこのような回答がありました。
 経済、人口、文化、領土、軍事力、教育、法律、科学技術、独立性、外交、生産力、信仰、資源(エネルギー)、愛国心、リーダー、食料…

 グループで意見をまとめる時、一人の男の子が「1番は人口、2番は信仰」だと主張。この2つがあれば国家と言えると言ってて何だか凄いなあと思ってしまいました。この定義によるとISISも国家として扱えるというわけですね。

 この活動では絶対的な答えは存在しないので、学生がどんな答えを言ったとしても否定しません。そして私の存在をできるだけ消して、学生が主体となった学習を促すのが目的です。この思惑通りグループで意見をぶつけ合う場面では恐ろしく白熱した議論が繰り広げられ、休憩時間でも止まりませんでした! 私はほとんど進行するだけで何もしなかったので、何だかこれが面白い授業の究極のような感じがしてます。

 ➄が終わったら私の方からまとめ。
 正しい答えはなくて、実は全てのものが国家にとって重要。しかし今回は震災以来日本を悩ましているエネルギーについて勉強します。というようなことを言いました。後は用意したパワポの出番。

 今日の授業はほぼ完璧と言える内容でした。アクティブ・ラーニングは他に授業にも活用できそうな手ごたえがありましたので、少し模索してみようと思います。
 以上今週の日本経済でした。

 【第2課】<<【第3課】>>【第4課】

“【第3課】国家運営に必要なものは何?” への2件の返信

  1. ピンバック: 【第四課】限界効用逓減の法則 – 毎日のんびり日本語教師

  2. ピンバック: 【第2課】ホテリングの立地競争モデル – 毎日のんびり日本語教師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。