【第2課】都市部と田舎はどっちが幸せ?

 3年生のスピーチと弁論の授業です。今回のテーマは「都市部と田舎はどっちが幸せ?」というテーマにしました。第一課の記事で大まかな討論のやり方を説明しましたが、今回はそれにちょっと修正を加えました。

 Aチームの意見⇒Bチームの意見⇒Aからの質問⇒Bからの質問⇒Aの回答⇒Bの回答⇒判定
 以前はこのような流れで行っていましたが、質問からすぐ回答に移るようにしました。
 Aチームの意見⇒Bチームの意見⇒Aからの質問⇒Bからの回答⇒Bからの質問⇒Aの回答⇒判定

 また、前回は私が司会をしていたのですが、今回から学生一人指名して司会をやらせました。これで私が授業内に発話することはほとんどなくなり、学生による討論の運営が可能になりました。

 さらに、意見を述べている最中にその意見を黒板に書かせる役割も作りましたので、チーム内ではほとんどの人が何かしらの仕事があるという状況にもなってます。

 というわけで今回の内容でしたが、かなり面白い内容になりました! 前回から口酸っぱく言っています「面白さ」を各チーム理解してくれて、奇想天外な意見や質問が飛び交ってました。その一部分を紹介します。なお、ここでいう都市部や田舎とはいわゆる中国のそれのことですから、日本の状況とは大きく異なります。

 【都市部派の意見】
 ・交通が便利。
 ・医療も発達している。
 ・教育が進んでいる。
 ・美しい建物や美味しい料理がある。
 ・都市部は若者に夢を与える。
 ・銀魂が上映する。
 ・ネットカフェがある。
 ・化粧している可愛い女の子がたくさんいる。
 ・ファッションの最先端を行く。
 ・田舎より都市部の方が治安がいい。

 【田舎派の意見】
 ・生活リズムはまったりしている。
 ・ストレスが少ない。
 ・長寿
 ・自然があって空気が新鮮。
 ・近所との関係がいい。
 ・人と自然が共存している。
 ・古くからの文化は主に田舎で守られている。
 ・水が綺麗。

 例によってピンクで書かれているのは笑いが起きた意見です。特に今銀魂の映画がちょうど中国でも上映されていて、私の学生の間ではかなりの人気です。田舎では映画館がないから銀魂を見られないという痛烈な皮肉ですね。

 【都市部派から田舎派への質問】
 ・田舎は医療が発達していないので、もし何か病気になった時に困ってしまうと思う。
 (回答)田舎は空気が綺麗なので病気になりにくい。

 【田舎派から都市部派への質問】
 ・汚染があって死にやすい
 (回答)医療が発達しているから大丈夫だ。

 ・交通が便利というが、渋滞に捕まった時の時間は大きな損失ではないか。本も読むことができない。
 (回答)車を運転しているときにそもそも本を読む必要はない。

 ・都市部は物が溢れていて物質的な幸せがあるが、精神的な幸せはありますか?
 (回答)遊ぶところがたくさんある。

 ・都市部の生活リズムは速いので苦労がある。
 (回答)リズムが早いのは生活を楽しんでいるから。

 もう質問というよりは反論。次から次に出てくる反論が討論を白熱させました。白熱してくると中国語がでてくるんですが、そこも司会が客観的に「日本語でお願いします」となだめていたりして、3年生にはホントに頭が下がりますね。
 2グループの討論がありましたが、勝ちを都市部と田舎が1つずつ分け合う形になりました。もっと都市部に偏るかと思ったんですが、案外真っ二つだったのが驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。