~に忍びない

文法

説明

 「忍ぶ」はもともと我慢する、堪えるという意味で、その否定形「忍びない」は我慢できない、堪えられないという意味になります。この文型の特徴は、話者が対象を可哀想、気の毒だと感じているところにあります。

 【接続】 動辞形+に忍びない
 【意味】 ~するのが~我慢できない
      ~するのが~堪えられない
 

例文

大事なプレゼントなので捨てるに忍びない

あまりに可哀想で見るに忍びない

死ぬときの悲鳴は聞くに忍びない

 

備考

 「見るに忍びない」「聞くに忍びない」と同じ意味で「見るに堪えない」「聞くに堪えない」があります。

 

文法

Posted by そうじ