~にして~ない

文法

説明

 人や集団・団体名を表す名詞に接続して「~でさえも」という意味になります。後ろは必ず否定形です。

 【接続】 名詞+にして~ない
 【意味】 ~でさえも
 

例文

先生にして分からないのだから学生に分かるはずがない。

にして解けないのなら誰にも解けないだろう。

宇宙の謎は科学者にして解明できない

 

備考

 特になし

 

文法

Posted by そうじ