~すら

文法

説明

 「~さえも」「~も」と同じ意味ですが、ほとんどの場合良くないことに使います。最低限のことができない等、対象を低評価する蔑視や軽視の感情が含まれるのが特徴です。

 【接続】 名詞+(助詞)+すら
      動て形+すら
 【意味】 ~さえも、~も
 

例文

体調が悪くて水すら喉を通らない。

謝りたいけど会ってすらくれなくなった。

残業続きで寝る時間すら確保できない。

 

備考

 「~すら」は悪いことにしか使えません。このような場合は良いことにも悪いことにも使える「さえ」や「も」を使えます。
 ✕ 勉強も、スポーツすらできる。
 ○ 勉強も、スポーツさえできる。
 ○ 勉強も、スポーツできる。

 ○ 科学者(で)すら分からない問題
 ○ 科学者(で)さえ分からない問題
 ○ 科学者(で)も分からない問題

 

文法

Posted by そうじ