~続ける

文法

説明

 動ます形に接続して動作の継続を表します。
 動作の継続を表す文法の中でも最も一般的でよく使われます。
 人の動作にのみ使用できますので、それ以外には使うことができません。このような場合は「~ている」が使えます。

 × 風が吹き続けている。
 〇 風が吹いている。

 ※ただし「降り続ける/降り続く」は例外として正しいです。

 〇 雨が降り続ける。
 〇 雨が降り続く。
 〇 雨が降っている。

 【接続】 動ます形+続ける
 【意味】 ~ことを続ける
 

例文

以前もらったペンを今でも使い続けている。

努力し続けると必ず花開く。

夢の中で見知らぬ男に追われ続け、起きた時には汗だくだった。

 

備考

 特になし

 

文法

Posted by そうじ