~甲斐がある

文法

説明

 動詞に接続して、その動作の価値について述べる。
 「甲斐(かい)」とは価値や意味・意義を指し、動ます形に接続する時だけ「」に変わる点に注意。

 【接続】 動辞形+かいがある
      動た形+かいがある
      動ます形+いがある
 【意味】 ~するのは大変だけど、価値がある

 

例文

こんな綺麗な景色を見られるなんて、本当来た甲斐があったなあ

毎日食事制限頑張ったかいあって、夏までに5kg痩せられそう。

仕事は私の生きがいだ。

 

備考

 やりがい、しがい、生きがいなどはよく使います。
 価値はあるものの、その動作の背景に何らかの苦労や努力があることを暗示しています。

 

文法

Posted by そうじ