~がたい

文法

説明

 動ます形に接続して、その動作が実現困難であることを表す。困難とは言うが、意味はほぼ不可能。頑張ってもできない、本当はしたいけどできないという状態。
 心情的な理由の場合は「~がたい」を使うことができない。
 また、一人称の場合のみしか使えない。
 「難い(がたい)」と漢字が使われることもある。

 【よく言う言い方】
 理解しがたい、信じがたい、近寄りがたい、許しがたい、想像しがたい、耐えがたい…

 ポイント
 ①本当はしたい気持ちがある。
 ②頑張ってもできない。ほぼ不可能。
 ③心情的な理由の場合使えない。
 ④一人称にしか使えない。

 【接続】 動ます形+がたい
 【意味】 ~できない

 

例文

彼はずっと勉強していて、近寄りがたい雰囲気がある。

信じがたいことに、いくつかの企業は月や火星への移住を視野に宇宙開発を行っている。

人の彼女に手を出すなんて、本当に許しがたい

 

備考

 心情的な理由では使えません。
 ✕ 彼女の事は嫌いだから信じがたい。
 〇 彼女の事は嫌いだから信じられない

 一人称以外でも使えません。
 ✕ あの人はもう君のことをきっと許しがたいよ
 〇 あの人はもう君のことをきっと許さない

 頑張ればできる事には使えません。
 ✕ この本、文字が小さすぎて読みがたい。
 〇 この本、文字が小さすぎて読めない/読みにくい/読みづらい

 

文法

Posted by そうじ