~せい

文法

説明

 悪い結果、悪い原因を表す時に使い、対象に残念な気持ちや後悔の気持ち、あるいは責任を問うような意味になる。
 「せい」自体は名詞として扱う。

 ポイントは2つ。
 ①悪い結果
 ②残念、後悔、責任の気持ち

 【接続】 名詞+のせい
      動詞普通形+せい
      い形普通形+せい
      な形+な+せい
 【意味】 ~が原因で、~だから

 

例文

会社で嫌な事があったせいで、つい飲み過ぎてしまった。

タバコのせいで、多くの人が健康を害している。

こんな時間まで寝てるのは、昨晩仕事で徹夜していたせい

 

備考

 「おかげ」とは違い、「せい」には皮肉としての用法は存在しない。
 
 

文法

Posted by そうじ