私の10分間の挑戦

日本語教師のお仕事

 日本語サークル主催の、日本文化に対する知識を競う大会(?)が昨日無事に終わりました。サークルの運営主体は今回から1年生に移り、右も左も分からない中でよくやってくれたと思います! 日本語専門以外の学生も会場の6割くらいを占めていて、心なしか去年よりも多かった気がします。日本に興味を持ってくれるのはやっぱり嬉しいですよね。

 その中で、私も10分ほど日本の文化を紹介しました。今年のテーマは「妖怪」です。

 中国での生活も2年過ぎましたから「10分くらいなら中国語で授業できるかなー」と思い、今回は自分への挑戦という意味も込めて決断しました。途中セリフが飛ぶという事はなかったし、拙いながらも笑いどころを3~4つ放り込めたのは良い自信になりました! 笑ってほしいところこそ噛まずに早く言うことが求められるので、実はあらかじめそこは重点的に準備してたんですよね。

 ちょっと話が脱線した場面にて、
 「肛門」が中国語で何というか分からなかったんで、マズいとは思いつつ咄嗟に「大便出来的器官」って言ったんですが、これがどういうわけか会場100名以上の学生達に意外にもウケて、なぜか拍手を頂くという謎の現象が発生しました。あれは何の拍手だったんでしょうね…

 まあとにかく、大満足の10分間でした。
 次同じような機会があれば、もっと自然に、身振り手振りを使いながらやりたい。もっと惹きつけられる授業を中国語でもできれば良いですよね。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ