【新日本語の基礎1】第16課 て形の練習

 て形ってなんだか曲者ですよね。一段や不規則ともかくとして、五段動詞たちの複雑な変化! 導入したのは先学期ですが、今学期も授業中ことあるごとにしつこく復習を繰り返してます。今でもまだ教科書を見て答えている学生もいますので、このようなうちは何度も何度もやるくらいでちょうどいいと思っています。これらに接続する多くの文法は日常会話においても有用ですから、て形が咄嗟に出力できるようになるくらいまで練習することが会話力の向上にもつながりますね。

 ただ、問題はどうやってて形の練習をするか、何か面白い練習方法はないかなーとずっと模索してました。今までは機械的に「”〇〇”のて形は?」と聞いていたんですが、まあこれでは面白くも何にもないですよねえ…。ですが先日新日本語の基礎1の第16課を見ていい方法閃きました~!

 1.朝起きて、ごはんを食べて、会社へ行きます。

 このて形は物事の順番を一つずつ表しています。「順序」と書くとすぐ理解してくれました。ここから更に発展してこのように聞きます。
 「朝起きてから会社に行くまでに何をしますか?」

 ・服を脱ぐ
 ・トイレに行く
 ・服を着る
 ・歯を磨く 等々

 まず一通りこのように挙げてもらいましょう。そしたら、数人程度に朝起きてから教室や会社に行くまでの順序を、て形を使って言ってもらいます。
 「朝起きて、トイレに行って、服を脱いで、服を着て、ごはんを食べて、歯を磨いて、教室に行きます。」
 これは他の物事にも応用できそうですね。

 3.東京は人が多くて、にぎやかです。

 文型3はあるものに対する形容を連続して行う文です。元々は「東京は人が多い」と「東京はにぎやか」という2つの文ですが、これらをまた形容詞て形で接続して1つにしています。
 い形容詞は「い形容詞語幹+くて」で作ります。
 な形容詞は「な形容詞語幹+で」で作ります。

 「ここは(この街は)どんな街ですか?」とか「北京、上海はどんな街ですか?」など、身近あるいは有名な街の特徴を聞いてみます。

 ・大きい
 ・人が多い
 ・古い(歴史がある)
 ・海がある
 ・天気がいい
 等々…

 これもまたて形で全部接続しちゃいましょう。
 「大きくて、人が多くて、古くて、海があって、天気が良い」

 実際の授業では「私の印象を教えてください」と聞いて、一人ひとり私の印象を言ってもらいました。面白いとか不思議とかいろんな形容してくれましたね。クラスのムードメーカーなんかを引き合いに出して、みんなで形容して練習するのもいいと思います。

 楽しいて形の練習になりました。これ全部やろうと思ったら30分くらいのボリュームがあるかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。