プレゼントから感じる桜

中国での生活

 今日は土曜日ですが特別に授業があり、明日から清明節で日月火と3連休になります。今学期初めての祝日で、学生のほとんどが家に帰るみたいです。私はというと日曜日は授業があり、月曜日はちょっと北京へ用事があり、授業の準備もしなければという感じで完全な休みではありません。まあ何かしているほうが暇でなくて好きなので逆に良いかもしれません。

 さて、この間1年生のある8人がみんな一緒に北京へ桜を見に行ったそうです。

 そう、桜です! 言われてみてばもうそんな季節かと気づきました。思い返せばここ2年はこの目で見てませんので懐かしいなとも感じます。日本にいる時は別に何とも思わなかったんですが、いざ周りにないと見たくなるんですね。地元青森の弘前公園の桜って凄まじくて、あれに匹敵する規模の桜は残念ながらこの辺りにありません。急に恋しくなり、ここ数日は桜に関する歌をたくさん聞いてます。

 話戻りますが、その北京旅行にて学生8人が私にプレゼントを買ってきてくれました。颐和园のポストカード。プレゼントをもらうことは珍しくはないんですが、いつもらっても嬉しいですよね。何より、学校から離れてプライベートの旅行をしているというのに、その途中で「先生のプレゼントも買わなきゃ」と思ってくれる。もうその気持ちだけで十分です。

 桜を見ると悲しくなるという感情は、中国ではあんまり理解されないように思います。確かに美しいとは思いますが、それと同時に切なさも感じるのが日本的。理由はいくつかあると思いますね。
 ①桜の季節と卒業の季節が一致している。中国では卒業は6月です。
 ②満開から1週間と持たず散る。1年のうちたったこの1週間のため。よく武士の潔さが例に挙げられます。

 満開が最も美しいのか、散る時が最も美しいのか。なんかいいテーマです。
 無性に見たくなってきました。

中国での生活

Posted by そうじ