【第1課】~してはいけません

 今日は1年生に「~してはいけません」を教えました。意味は禁止で、その前に動て形が接続されます。前学期別の先生の授業で既に勉強してますが、使う場面が多い文法なので再度私の授業でもやることにしました。て形の複雑な変化の復習にもなりますからね。

 まずは動詞の基本形からて形への変換を練習します。好きに動詞を言わせて、そのて形も言わせる。全員やれば多くのパターンのて形を復習できると思います。

 そしたら、て形と「してはいけません」の接続の練習。
 「書く」→「書いて」→「書いてはいけません」
 「する」→「して」→「してはいけません」
 「死ぬ」→「死んで」→「死んではいけません」
 こんな感じです。

 ここからが「~してはいけません」の本編。用意した練習問題は3つ。

 「図書館で、何をしてはいけませんか?」
 考えなくてもすぐ分かることがいくつかありますね。1年生の反応も速かったです。例えば、話してはいけません。食べてはいけません等々。5つくらい挙げてもらいました。4つ目にはもう考え付かなかったのか、タバコを吸ってはいけませんとか、バスケをしてはいけませんとか、もはや図書館と全く関係ないことを言い出してみんな爆笑。私もちょっと立っていられないくらい腹抱えて笑ってましたね~

 「寮で、何をしてはいけませんか?」
 図書館よりも少し難易度が高め。料理をしてはいけません、ドライヤーを使ってはいけません、バスケをしてはいけません等々でした。もうここでもバスケが出ている時点で、学生達もツボにはまっていたんですね。

 「試験中、何をしてはいけませんか?」
 ・話してはいけません。
 ・携帯を使ってはいけません。
 ・ダンスしてはいけません。
 ・他人の答案を見てはいけません。

 特にカンニングの話の時はすごかったです。先々週勉強した「~したことがありますか?」が役に立ちました。あるかどうか聞いてみたら、80%くらいの人がカンニングしたことがあると挙手。ちょっと方法を聞いてみたら、カンペ用意したり、手に書いたりと、やっぱり国は違ってもやる方法は同じでした。堂々と携帯を机に置いて見たりする豪快な女の子もいました。本当はダメなことなんですが、ダメだよ!って強く怒らないほうがいいですよね。教室の雰囲気のために。

 そして今回のテーマは「家の中の教育」
 お父さんお母さんからの教育で「~してはいけません」というものがあるかどうか。理由も付け足すよう促しました。

 ・夜8時から出かけてはいけません。
 ・嘘をついてはいけません。
 ・お酒を飲んではいけません。
 ・恋愛してはいけません。
 ・一人で遠い所へ行ってはいけません。
 ・パソコンのゲームをしてはいけません。
 ・食事の時、テレビを見て(話して)いけません。
 ・テレビドラマを見てはいけません。
 ・喧嘩をしてはいけません。
 ・入れ墨を入れてはいけません
 …
 女の子一人ですから、夜は危ないですね。
 恋愛やゲーム、テレビを見てはいけない理由はいずれも勉強のためでした。
 お酒を飲んではいけませんと教育されながらもお父さんは飲んでいたり、面白い家庭環境の学生もいました。
 
 これで2時間ピッタリ。
 改善の余地はまだちょっとありそう。今は思いつかないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。