【日本での生活ガイド】電話口の日本語編

 今回は日本語で電話をかけてみよう!というテーマにしました。留学したらおそらくアルバイトをすることになります。授業に来た学生の大半はコンビニでアルバイトするつもりでいろんな不安を感じているようでした。まずはその前段階、バイトを探すための電話! 電話しなければ面接も始まりません。必要不可欠ですから、気合入れて教えてきました。

 どうやってバイトを探すかですが、これは中国とあまり変わりありません。インターネットで探したり、アプリもありますね。また友達の紹介や店の張り紙も。唯一異なる点はコンビニなどに置いてる求人情報誌です。これはその地域に特化した情報が載っているうえに無料ですから利用しない手はありません。

 バイトの場面でよく使う単語も教えておきましょう。
 ・時給
 ・シフト
 ・週休
 等々…

 さて、電話をかけて相手が出たらまず何を言うべきか。ここは多少差はあるにしても定型文ですから丸暗記してもらいます。
 例えば「突然の電話失礼しました。私は〇〇と言います。本を見て電話しました。アルバイトはまだ募集していますか?」みたいにできるだけ低姿勢の日本語が好ましいと思います。

 それに対して「募集してますよ」と言われれば、次は面接の話になるでしょう。要件を伝えなければいけません。
 ・自分の名前、電話番号、面接の日程、場所…
 ここでシフトに関してや仕事の内容に関して質問してもいいですね。また、外国人でも問題ありませんか?とあらかじめ伝えておくのは案外大切なことだと思います。

 次は確認。
 「もう一度確認したいんですが、よろしいですか?」のような一文を挟んで、面接の日程、場所、履歴書、あるいは店長さんの名前、電話番号等を確認します。間違わないためにも重要ですね。

 最後、電話を切る時はどのように言うか。
 「分かりました。では何月何日何時にどこどこに行きます。ありがとうございました。失礼します。」のような言い方ですね。

 この後実践練習してみました。私が架空のコンビニ店長になりきって学生からの電話に対応します。学生の目標は今日教えた電話口の日本語を駆使して面接の予定を取り付けること。私は架空の名前、架空の電話番号、架空の日程、架空の場所をあらかじめ準備しておき、学生達の声が届かない教室の外へ出ました。教室ではみんなに聞こえるようスピーカーに切り替えます。

 結論から言うと、実際に電話してくれた学生はまあまあ良かったと思います。分からない時、聞き取れないとき「すいません。もう一度お願いします。」と言えました。これは実践的に重要なことです。
 いくつか良くなかったところを挙げれば、店長さんの名前を聞き取れなかったこと。名前が分からないと何かと不便だし失礼にもなりますね。そして最後電話を切る時、私が言った「失礼します。」に対して無言でした。これには同様に「失礼します。」で答えたほうがいい気がします。

 一度模擬練習をしたことで、重要な点がより明確に分かってくれたかなと思います。
 私にとっても有意義な授業となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。