【日本での生活ガイド】買い物編

 今回はスーパーやコンビニでの買い物の仕方を教えました! 場面によっては様々な日本語に触れる機会があるので、そういった日本語をあらかじめ勉強しておき、難なく買い物できるように教案を考えたつもりです。自炊するにも惣菜を買うにもとにかくスーパーに行かなければいけません。食の心配は日本へ行く前にちゃんと取り払っておきたいですね。

 スーパーもコンビニも基本的には同じ方法だし、中国となんら変わりはありません。問題なのは、レジの人が何を言うかです。教えたポイントはこちら。

 ・コンビニでは「温めますか?」「箸はお付けしますか?」等、商品によって質問されることが違う。
 ・スーパーではレジ袋が必要かどうか聞かれたりする。
 ・ポイントカードの有無を聞かれる。

 書き出すとあんまりないですね。でも内容のボリュームは1時間くらいありました。日本へ行ってコンビニでアルバイトをするかもしれない人は、店員さんが言う言葉を全部覚えなければいけません。ですから入店から帰るまで、店員さんが言うであろう全ての言葉を順を追って教えました。

 特に金額が難しかったようです。仮に「合計〇〇円になります。」が聞き取れなかったとしても、レジには金額が書かれていて払うべきお金が分かるんですが、自分が店員さんになった時に正確に言えなければいけません。そのあたりの重要性も理解してくれました。

 以上、こんな感じです。
 次は来週水曜日。内容はどうしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。