【日本での生活ガイド】ゴミ出し編

 もうすぐ日本へ行く学生のための授業、第2回目がさっきありました。今回のテーマは「ゴミ出し」。中国のこの地域では一般的に分別はしませんが、日本では分別は絶対な上にゴミを出す時間まで決まっていて、あらかじめ教えなければ地域の人に怒られたりするかもしれません。そのあたりのマナーをあらかじめ勉強しておこうと思い、今回このテーマとしました。

 まず、東京都のとある区のごみ収集カレンダーを印刷して配布。それを見て授業を進めていきます。教えるポイントは以下。

 ・ゴミはだいたい燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミの4種類に分けられる。
 ・ゴミの種類によって、ゴミを出す曜日が違う。
 ・ゴミを出す時間にも注意。回収が8時頃なので、それより前に出さないといけない。
 ・ゴミを入れる袋はその地区指定のものを使う。適当な袋に詰めて捨ててはいけない。
 ・エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電はリサイクル業者へ。

 いくつかの物の写真を見せて、どの種類のゴミに分類するかクイズしてみたんですが、正解率は5割くらいだったかなと思います。意識したことのない作業ですから難しいのかもしれません。しかしこの辺りに関してはその地域で配布されたカレンダーを見れば分かることなので覚える必要はないと思います。

 ゴミ袋はその地区指定のものを使う必要があります。この袋はその地区のスーパーやコンビニに置いていますから、それを買って捨てます。このあたりまで来ると、めんどくさそうな顔をする人もいれば、関心している感じの顔をする人もいましたね。実際私は一人暮らしの時めんどくさかったんですが、やらないと回収してくれませんからね…。ゴミ屋敷にならないよう、慣れていけばいいと思います。

 分からなければ友達にでも聞けばいいですし、しかも今は外国人向けの英語や中国語に対応したゴミ出し支援アプリもあるそうですよ! 自分で教案を考えていて、この行政の外国人への生活支援にはちょっと感動させられました。もっと便利になるといいですよね。

 以上2回目の生活ガイドでした。次回は日曜日。教案考えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。