【日本での生活ガイド】災害対応編

 1か月後日本へ旅立つ学生達に向けて、今日は日本での生活支援やより実践的な日本語を教える授業がありました。日本語を教えるというよりは、日本での生活をより豊かに、そして円滑に過ごせるようにしていくことが大きな目的になります。文法や単語なんかは一旦置いておいて、頭の中で空想の日本旅行をしながら、こんな時どうしよう?と想像を巡らす。そんな授業になりました。

 今回は第1回ということで内容はどうしようかと考えた結果、一昨日の3月11日に関連して災害方面のノウハウを教えることにしました。地震の経験が一切なく、また地震というものを体験したことがない彼らは、実際その時にどうするべきか考えた事すら無かったそうです。咄嗟の時に慌ててしまわないためにも、まずは基本的な知識から。覚えずともなんとなく頭の片隅に置いておけば、実際いざという時に思い出したりもしますからね。

 今回参考にしたのはこちらのサイト。
 →外国人のための生活ガイド「リビング・インフォメーション」
 ざっと色々見て回ったのですが、外国人が日本で生活するにあたってどのような問題があるのか書かれているので助かります。

 まずは、今日本で囁かれている大地震の可能性、東京直下型地震と南海トラフについて触れました。別に学生を怖がらせるつもりはなかったんですが、もしかしたら震度7とか8が来るかもしれないという事実は結果的に学生達に危機感を与えられたので、授業全体を通してちゃんと聞いてくれました。

 ポイントはこんな感じ。

 ・地震が来ても怪我しないような部屋にする。不安定な家具とか、落ちやすいものには注意する。
 ・万が一に備えて、水と食べ物は備えておこう。
 ・余震に注意して、不要な外出は控えましょう。
 ・外出中なら安全な場所へ避難。とりあえず公園とか体育館とか。災害情報が携帯に届くから確認して。
 ・避難する際の荷物について。
 ・大きな怪我をしたら119に電話して救急車を呼ぶ。
 ・もし海や川の近くにいたら、そこからすぐ逃げる! 高いところへとにかく逃げる!

 想定するのはかなり大きい地震が来た場合です。最重要なのは最後、これは6年前の教訓。真面目に言ったら、本当に真面目に聞いてくれましたね。

 最後、最悪の事態を想定して救急車を呼ぶ練習をしてみました。
 本来は電話口の誘導に従って回答していけばいいわけですが、非常事態で冷静さを欠いていたりして正しく聞き取れなかったりするかもしれません。ですからあらかじめ電話口で何を聞かれるのかを整理しておくのがいいと思います。名前、住所(あるいは現在地)、電話番号、怪我の具合、この4つです。
 「私は外国人です。名前は〇〇です。今〇〇にいます。地震で右足を怪我しました。動けません。救急車お願いします。」
 このような簡単な文型を使うだけで十分救急車を呼べるでしょう。最初に外国人と言っておくことで、電話口の対応も必ず変わってきますよね。

 今回は命に関わる内容でした!

“【日本での生活ガイド】災害対応編” への3件の返信

  1. 熊吾郎

    病気になったとき/病院での日本語については割と説明があると思いますが、災害時の日本語、料理の日本語、美容院での日本語って、あまり説明を見かけませんので、その点からも有意義だと思います。

    返信
  2. そうじ 投稿作成者

    >熊吾郎さん
    あ~なるほど!料理とか美容院とかすごくいいですね!私考え付きませんでした。結局、私たちが中国に居て困ったな~と思う点を教案にすればいいと思うので、考えれば考えるほど湧き出てきそうですよね。

    返信
    1. 熊吾郎

       そうですね。自分が困ったことをネタするのはよいと思います。私は料理の言葉は授業で何度か取り上げたのですが、シンク/流し(台)とかガスコンロとか、留学経験のある子でも意外と知りませんでした。
       あと思いついたのは、洋服屋さん関係(裾上げとか)ですかね。。。 学生にとっては使用頻度は低いでしょうし、授業では不適切かもしれませんが、飲み屋関係(ロック、水割り、コークハイなど)とかガソリンスタンド関係(ハイオク満タン、空気圧のチェックお願いしますとか)とか、普通の会話の教科書には出てこないけど、重要そうなのっていっぱいあるでしょうね。
       

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。