【第6課】~時/~前/~後

一年後期 会話, 教案

 第6課では「~時/~前/~後」を勉強します。

 この課で使うプリントは「【第0課】1年後期会話の授業構成」でダウンロードできます。

 

授業の流れ

1.先週の復習

 先週は「~たことがあります」を勉強しました。
 た形の接続などを確認して、数人に例文を作ってもらう形で復習とします。

 

2.単語の練習

 配布したプリントの「単語」を上から順に読んでいきます。
 1単語につき3回復唱させ、それを2往復します。

 

3.文法「~時」

 プリントにある例文4つをそれぞれ読ませていきます。

 

4.文法「~前/~後」

 名詞に接続する場合は「名詞+の+前(まえ)/名詞+の+後(あと)」ですが、動詞に接続する場合は注意しなければいけません。「前」は動詞辞書形を、「後」は過去形が接続されます。
 また、時間名詞に接続する場合、「後」は「ご」と読みます。一時間後、2分後など…

 ここでもプリントにある例文4つをそれぞれ読ませていきます。

 

5.個人発表「清明節の思い出」

 今回の発表は「清明節の思い出」です。
 ちょうど清明節明け1回目の授業でしたので、これを採用することにしました。
 思い出を話すには、「~時」が必須です。また、順序を表すにも「~前」や「~後」が使われるので、それを使わせるためのテーマとも言えます。

 
 この授業はちょっと単調です。教案考え直す必要があります。
 以上です。