先生、〇〇してみたらどう?

 今日は「~てみる」の授業をしました。この文法自体は1年生の後期に既に勉強した内容。なので2年生には簡単すぎるとは思ったんですが、実は一つ試してみたいことがあったのでこの時期まで温存していた教案です。

 まずは簡単に「~てみる」の意味について説明します。

 ①死にたい。
 ②死んでみたい。

 この2つの違いは何でしょうかと学生達に聞きます。すると、既に理解している学生から「試す」という言葉が聞こえてきました。確かに「試す」という意味がとても強い文法ですね。もうちょっと踏み込んだ理解のために、①の目的は何? ②の目的は無い? と聞いてもいいかもしれません。

 ①の目的はズバリ死ぬことです。死ぬことで目的が達成されるからです。
 一方②の目的は、“死んだ後どうなるか分からないから、それを知りたい”という感じでしょう。つまり好奇心。死の先に何があるのか、あるいは死とは何かを確かめたい。そんなニュアンスがあります。とある学生は「生まれ変わるため」なんて言ってました。死を前にして実にポジティブな発想ですよね!

 ここまできたら、「~てみる」の様々な派生形にも簡単に触れます。

 ~てみてください
 ~てみたほうがいい(強めのアドバイス)
 ~てみたらどうですか?(弱めのアドバイス)
 ~てみよう(意向形)

 ここで、学生一人を指名して「私の名前を書いてみて」と言います。黒板まで来て名前を書くんですが、私の名前には「龍」という中国人にとって非常に難しい漢字があるのでいつも頭を悩ませます。ちゃんと書けたかどうかを判定した後は「私の名前を書いてみて」の「みて」に注目させましょう。この「みて」は、果たしてちゃんと書けるかどうかを試すという意味です。このように実践すると分かりやすいですね。

 そしたら、この教案の本番。
 「~してみたらどう?」という文法を使って、先生に何かアドバイスをください!

 この教案は今学期最も盛り上がった授業となりました。笑い過ぎて正直疲れてしまうほどです。
 学生からは、いろんなアドバイスが飛んできました。例文とは違い、これら学生が本当に考えてくれたアドバイスです。一つひとつの話を拾って会話を広げてあげましょう。盛り上げられるかどうかは、ちゃんと拾ってあげられるかにかかってます。

 ①先生、男と付き合ってみたらどう?
  質問した学生は腐女子です。いわゆる男性と男性の恋愛に非常に興味を持っている女の子です。ここから腐女子の話に脱線しました。

 ②先生、中国に定住してみたらどう?
  自分の定住に関する意見を言ったら、次は学生達に「日本に定住したいかどうか」を聞いて回りました。

 ③先生、私たちに日本料理を作ってあげてみたらどう?
  私が料理を作って学生に振る舞うことを希望していましたが、私が「みんなで作ろうよ!」と言った事が発端でみんなで料理することに。来月は冬至があるので、その時に2年生みんなで水餃子パーティをする約束にまで発展しちゃいました。

 ④先生、髪を短くしてみたらどう?
  最近髪を切ったのにも関わらず、さらに短くするようにアドバイスしてくれた学生もいました。日本人にとっては普通の長さでも、中国人にとっては長いと感じます。この認識の差は面白いところですよね。

 ⑤先生、学生と付き合ってみたらどう?
  これは言われた時ドキッとさせられましたね。もし日本ならまずクビになると思う。クビになりたくないなぁーと流しつつ、中国はどう?という返しをしました。中国では大学院は問題なく、大学はグレーゾーンだそうです。いずれにしても教師のモラルの問題が問われますから、信頼関係のためにも、少なくとも在学中はダメだと思うよと言いました。こういった恋愛関係の話はどのクラスでも関係なく盛り上がります。

 等々。

 これらを聞くのはかなり緊張させられましたが、結果とても充実した授業となりました。このような自虐的な授業は初めてしたんですが、こういう方法もあるんだなあと、何か一つ成長した気がしますね。
 この教案だと1年生の語彙力ではやや難しいと思うので、2年生まで待って正解でした。是非ご参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。