【第7課】~てしまう

 2年生の今日の授業では「~てしまう(~ちゃう)」を勉強しました。
 この文法は意味が2つあります。

 ①完了
 ご飯を全部食べちゃった。
 「一つ残らず全部」というニュアンスがあります。「全部/全て/みんな…」といった言葉とよく呼応します。

 ②残念・後悔
 お菓子を食べちゃった。
 「本当はしたくないけど」という気持ちがありますが、結局自分やその状況をコントロールできなかった。残念、後悔のニュアンスがあります。

 どちらも1年生後期で既に勉強していましたが、より使えるようになると便利な②の用法を中心にしました。「スマホを無くした」よりも「スマホを無くしちゃった」のほうが気持ちが入って、より富んだ表現になります。

 メガネが壊れちゃった。
 私は両親にこの世に残させられちゃった。
 私が愛している人は別の人を好きになっちゃった。

 特に「あの人に彼氏ができちゃった。」「あの人に彼氏ができた。」の違いに触れると分かりやすかったです。
 前者は残念な感情が全面に出ますが、後者は嬉しいかもしれないし残念かもしれない。要するに感情が分からないので状況も把握できません。もし気持ちを伝えたいのなら前者を使うべきです。

 今回もいろんな例文が誕生しました。2年生は恋愛に関係する話題がすごく多いので、毎回例文を作るのが楽しみになってきました。「後悔したこと」というテーマを与えようと思ったんですが、テーマがなくても自由に作ってくれるようになってきましたね。

 「お姉ちゃんが結婚してしまった」
 この例文に対して数人が異論を唱えました。お姉ちゃんが結婚することは残念なことじゃない!という内容です。しかしお姉ちゃんと私がとても仲が良くて、家からいなくなってしまうことを残念だと思うのなら正しい文だと言えます。このように、場合によっては背景を考えなければいけないケースもあるところにも注意すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。