【比喩/比況】~ようだ(~みたいだ)

 今日は2年生に「~ようだ」の授業をしました。
 「ようだ」は1年生後期に既に勉強済みですから復習がてらという感じでした。しかし知識として持っているのと話せるのは別の能力で、覚えていても話せないというのは多々あります。2年生の時に1年生の勉強を復習するのもまた悪くないんですよね。

 さて、まずは「~ようだ」について簡単に説明します。「~ようだ」は大きく3つの意味がありますね。

 ①推測・推定
 五感を使って推測したことに対して使います。例えば「(山の様子を見て)明日は雨が降るようだ」など。朝の授業でしたから、目をこすったり突っ伏している人に対して「眠そう」なんて具合に例を挙げるともっと分かりやすいと思います。

 ②例示
 「君のような人とは話したくない。」 このような「ようだ」を例示と言います。君に似ている種類の人という感じの意味合いですね。教室では実際の例を挙げにくいので「今日はとりあえず気にしないで」と言ってスルーしました。

 ③比喩
 今朝はPM2.5が凄まじく、視界は非常に悪かったのがちょうど良かったです!
 「みんな外を見て。すごく白いでしょ?」
 「白い!」
 「これは何のせい?」
 「PM2.5!」
 「そうだね~ つまり、”今日の天気は天国のようだ”」
 天国は周囲が真っ白で幻想的な雰囲気がありますから、それにひっかけて天国と喩えました。現実的には「地獄のようだ」と言った学生もいましたけど、どちらでもいいですね。比喩ですからその人の捉え方によって違います。このような話をしたら一発で理解してくれましたね。

 ここまで「~ようだ」の用法3つを確認したら、先に「~みたい」についても説明しておきましょう。「~みたい」は「~ようだ」より口語的です。会話をする時は「みたい」を使うことが多く、この授業でも「みたい」を主体で使わせることにします。そして接続を確認しておきましょう。2つの接続はちょっと違いますから注意が必要です。

 その説明が終わったら「今日は比喩だけ勉強します!」と言います。3つ同時にやるなんて混乱必至ですから、時間ゆっくりかけて比喩を確実にマスターするのを優先しましょう。

 授業の本筋。もうちょっと比喩について練習します。

 私はちょうど冷え症持ちで、ちょうど今朝の気温は一桁。「私は手にちょっと病気があるの」「めちゃくちゃ冷たい」と言って学生みんなと握手しました。結局私が一番冷たい手でしたね。女の子より冷たいとはさすがに思いもしませんでした…。
 「先生の手は〇〇みたいに冷たい」
 もし一番人が学生ならその子の名前に変えるだけでいいです。
 この〇〇の部分に自由に単語を入れて形容してもらいます。学生に考えてもらったら「氷」が挙がりました。

 もう一つ、学生の中で一番肌が白い人を指して「__さんは肌が雪みたいに白い」なんて言ってもいいです。とにかく見たものをどんどん喩えていくアドリブ力が先生にも求められますね。

 そして授業の最も重要な部分。
 2人ペアで分かれてもらい、余ったらどこか3人にすれば問題ありません。そのペア間で他己紹介をしてもらいました。ただ普通に他己紹介してもらうだけではつまらないので、パートナーとなる相手を「彼女は〇〇みたいな人です」と比喩を使って表現してもらいます。喩えたらその後に理由も話してもらいました。

 「彼女は雲みたいな人です。」「太陽みたいな人」「熊みたいな人」「ハリネズミみたい」「インスタントラーメンみたい」という様々な喩えが飛び交いました。”インスタントラーメン” 何を言ってるかよくわからなかったんですが、理由は「最近かけたパーマがまるでインスタントラーメンみたいな感じだから」というもの。これこそ比喩の真髄ですね~

 授業前の想像では犬とか猫のような動物が大半を占めるんだろうなあと思っていたんですが、案外出ませんでしたね。もっと高度な喩えが見れて私も楽しかったです! 学生に想像力には感服しました。

 追記
 時間が余ったら、私が学生みんなを「何みたいだ」と喩えてみるのもいいでしょう。
 ある人は樹海みたい、彗星みたい、犯罪者予備軍みたい、蛇みたい。そんな感じで一人ひとり言っていきます。これをやるからには、全員に対して必ず喩えてあげることが必要です。先生の学生に対する印象、学生全員を知っていなければできないことですが、言われた学生はきっと嬉しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。