再発見した散歩の素晴らしさ

日本語教師のお仕事

 今日はとある学生に新しい発見をしました。
 彼女は私と教室で会話をする時、あまり会話が盛り上がらず終始緊張している感じがあったんですが、今日は教室ではなく運動場へ。散歩して話すととてもニコニコ嬉しそうに、教室の時とは打って変わって自分から積極的に会話を切り出してくれるようになったんです。「今日はなんか変だね」と言うと、「私も分からない」なんて言ってました。

 彼女の「教室で会話をすると緊張する。」の一言。そう言われてやっと気付きました。みんながみんな教室で会話をしたいと思っているわけじゃない。大部分の人が教室を選択するからついそう思ってたんですが、一部の人は対面形式で会話をすると緊張したり、他の人に話を聞かれたりするのがイヤだと思っている場合もあったようです。

 人に合わせて場所や形式を変える。
 顔を合わせなくてもいい散歩は素晴らしい環境で、また景色を見ながら歩くことで話題にも困らなくなったりします。そうではない人は教室でも構いません。このあたりを上手に管理できれば、また一歩私も成長できるのかな。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ