だって、~もん!

日本語教師のお仕事

 来週は女の子がよく使う言葉を教えてみようかなーと思って「~もん」についてずっと調べてました。かろうじて男性も使うことができますが、幼児語に分類されるので女性よりの言葉です。「どうしたの?」に対して「だって眠いから」と言うより「眠いんだもん」と言った方が気持ちをより表すことができるし、何より可愛さ倍増する感じがしますね! 接続も簡単だからすぐ導入できそうな内容です。

 理由の「~もん」には2種類の言い方があり、1つ目は「~もん」、2つ目は「~だもん」です。

 い形容詞 い形容詞+もん or い形容詞+んだもん
 な形容詞 な形語幹+だもん or な形語幹+なんだもん
 名詞   名詞+だもん or 名詞+なんだもん
 動詞   普通形+もん or 普通形+んだもん

 例文)
 〇「そんな顔してどうしたの?」-「だって、眠いもん」
 〇「そんな顔してどうしたの?」-「だって、眠いんだもん」

 〇「ずっと携帯触ってるね」-「だって、暇だもん」
 〇「ずっと携帯触ってるね」-「だって、暇なんだもん」

 〇「いいの? そんなことして」-「だって、ここは公園だもん」
 〇「いいの? そんなことして」-「だって、ここは公園なんだもん」

 〇「遅刻しないでよ!」-「しょうがないでしょ、電車が来なかったもん」
 〇「遅刻しないでよ!」-「しょうがないでしょ、電車が来なかったんだもん」
 ▲「どうして怒ってるの?」-「おつかいをお願いしたのに、違うものを買ってきたもん
 〇「どうして怒ってるの?」-「おつかいをお願いしたのに、違うものを買ってきたんだもん」

 接続別の例文を作ってみました。
 「だって」はよく文頭に呼応します。基本的には無くても構いません。あれば理由を強く述べられるというだけです。
 「~もん」と「~だもん」の違いなんですが、調べてみても明確な答えはありませんでした。中には「~だもん」は強調の意味だと書かれているものもあったんですが、どうやらそれだけとは限らない別の理由がありそうです。

 以下は私の推測。
 「~もん」はより一般的で、特に別の意味はありません。
 「~だもん」は「~もん」より強調するニュアンスがあり、更にその理由が「相手の責任」であることを述べているように感じます。
 ①「授業中は集中しないと」-「だって、眠いもん」
 ②「授業中は集中しないと」-「だって、眠いんだもん」
 ①は眠いから眠いと言っているだけに過ぎません。睡眠不足、そもそも興味が無い等、原因は自分自身にあります。
 一方②は、内容がつまらない、面白くない等といった環境が原因で眠くなりました。つまり原因は自分以外のところにあります。
 ▲「どうして怒ってるの?」-「おつかいをお願いしたのに、違うものを買ってきたもん
 従ってこの文は「~だもん」を使うべきでしょう。怒っている理由は何を隠そう、相手がお願いしたものと違うものを買ってきたからですね。

 責任の所在なんか考えず、動詞は無条件で「~んだもん」に接続したほうが良いのかな?
 参考になる文献が見つからないのでちょっと困ってますけど。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ