指に関する小話

 今週の授業では指に関する話題が何かと多かったです。引き金は指輪から始まり、「指輪ってどこにつける(はめる)んだっけ?」と聞いたところが発端。”指”だけでかなりの時間脱線できましたね。本筋からずれて変な話をするのは私にとっても学生にとっても楽しいものです。

 指輪はどこにつける?という質問から、まずは個々の指の名前を教えることにしました。

 [親指]
 親という漢字があるけど、一般的にはお父さんを意味する。
 霊柩車が通る時、親指を隠すという迷信がある、等々。

 [人差し指]
 人指し指でもいい。この時学生に読ませたら「ひとゆびしゆび」と言った人もいて面白かったですね。

 [中指]
 中指だけを立てるのは中国でも侮辱の意味を持ちます。
 そこで、あえて中指だけを立てて「この指は何?」と見せると笑いながら「先生それダメ!」と言われたりしましたね。クラスの雰囲気と相談ですが、知らんぷりしてわざとやって見るといいかも?

 [薬指]
 名前を教えるとどうして薬?という表情をします。
 諸説ありますが、一番分かりやすく昔薬を使う時にこの指を使っていたんだよと教えるといいですね。
 現代風に「化粧する時」と言い換えてもいいかもしれません。そしたらまた化粧の話に脱線しちゃいましたが…。

 [小指]
 親指の反対側は子供。小指は約束する時に使います。指切りげんまんですね。
 これは中国でも同じです。というか中国から周辺国に広まった風習だそうですよ。

 指切りげんまん 嘘ついたら 針千本飲ます 指切った

 教壇に一人の学生を読んで、歌って実演しました。これのウケは最高に良かったです!
 「先生、もう1回!」なんて言われたので結局3回やることになりました。その後歌詞を黒板に書いて意味の説明。慣用句で「指切りする」は「約束する」という意味。実際に目にすると覚えやすいものです。昔は指を本当に切ったという説もあるようですが、こういうのは混乱を回避するためにも省略すべきかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。